ゲキ×シネ「乱鶯」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲキ×シネ「乱鶯」

2017年4月15日公開,184分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる『ゲキ×シネ』シリーズ第14弾。江戸時代を舞台に、かつては盗賊の頭で居酒屋の板前として働く十三郎を中心とした人情物語を描く本格的な時代劇。古田新太が盗賊の頭だった鶯の十三郎を演じ、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみらが客演として出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鶯の十三郎は盗賊の頭ながら、人を殺めず、盗られて困る者からは決して盗まない事で知られていた。ある日、北町奉行所の与力の差し金で、子分に裏切られた挙句、一味は皆殺し、十三郎も瀕死の傷を負うが、幕府目付の貞右衛門と居酒屋鶴田屋を営む夫婦に助けられる。それから7年、十三郎は盗賊を追う貞右衛門の息子、勝之助と出会う。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
ヴィレッヂ(配給協力:ティ・ジョイ)
上映時間
184分

[c]松竹/ヴィレッヂ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2017/5/4

    今どき3時間超えの映画って滅多にない。舞台の好きなお客さんって辛抱強いのかもしれない。休憩挟んで3時間超えは舞台では少なくないから。
    その3時間を長いと感じさせないところが新感線の凄さ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2016/10/31

    古田新太さんの十三郎もですけど、高田聖子さんの呉服屋丹下屋さんの女将お幸さんが素敵。流石吉原上がり。頼もしいし、潔いし、人情深い。
    でもお夏ちゃんが太一に反物勧められてときめくシーンがなかったですね。好きなのに。

    男の人はおかよさんやお律さんみたいに守ってあげたくなる可愛い女が好きですよね。
    私はむしろ一人で生きていける強い女になりたいです。
    女将に代わって料理やお酒を持ってきたり、女将さん心配して帰って来るまで飲んでるお客さんたちとか大好きです。

    そして音楽がゾクゾクします。

    舞台と違って、表情の演技や脇役の細かい動作等が見られるのがゲキ×シネの魅力。
    両方堪能して行きたいですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告