サラエヴォの銃声|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サラエヴォの銃声

2017年3月25日公開,85分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベルナール=アンリ・レヴィの戯曲『ホテル・ヨーロッパ』を原案に「鉄くず拾いの物語」のダニス・タノヴィッチ監督が映画化。サラエヴォ事件から100年。記念式典が行われる予定の高級ホテルで一発の銃声が響き、招待客や従業員たちの運命が大きく交錯していく。出演は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の女優スネジャナ・ヴィドヴィッチ、「サラエボ、希望の街角」のイズディン・バイロヴィッチ。第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)、国際批評家連盟賞受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなった皇太子夫妻暗殺、通称サラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高級のホテル“ホテル・ヨーロッパ”では、記念式典が行われることになっていた。そのホテルの屋上では、ジャーナリストが戦争についてインタビューをし、式典に招待されたVIPは演説の練習をしている。さらに賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。そんな混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく……。

作品データ

原題
SMRT U SARAJEVU
製作年
2016年
製作国
フランス=ボスニア・ヘルツェゴビナ
配給
ビターズ・エンド
上映時間
85分

[c]Margo Cinema, SCCA/pro.ba 2016 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    2.0
    2017/4/12

    未だに民族間の恨みを熱く論争する姿を見ていると、明治維新は遠くなったなぁ‥と思う。
    会津若松に行った時に、私が歴史好きと知った郷土料理のお店の女将さんが、以前夫婦連れのお客に「どこからいらしたの?」と聞いたら、凄く言いにくそうに、口ごもった後、「鹿児島です。ごめんなさい!」って言うから、「遠すぎて恨みも無いわよ。それよりそれまで親交深かったのにあっさり新政府に寝返った伊達藩の方が許せない」と答えたのよ~と話してくれた。
    あぁ、そりゃあ言い辛かったよね。って応えたけど、自分が住んでいる所が元何藩で、明治維新でどちら側に着いたのか、日本人は意識して生きているかな?
    軍人には何藩出身者が多くて、警察上官は何藩出身者が占めているかとか。
    勿論高知の人は坂本竜馬好きだろうし。鹿児島の人は西郷隆盛推しだろうけど、中には新撰組きゃあ♪っていう人もいるだろうし、白虎隊可哀想・・って人もいるよね?
    そしてこの辺の話ちんぷんかんぷんな人もいるんだろうなぁ。
    日本でもあんなに暗殺合戦の死闘が繰りひろげられた過去が有るのに、今は何とも平和よねぇ。

    民族と藩じゃ重みが違うのかな・・
    とにかく熱く論争し、銃を片手に何をすべきか・・と言っているだけの青年に降りかかった悲劇も、真面目に働いてきたホテルの女性に降りかかった不幸も、本当に理不尽。
    格式高い立派なホテルだろうに。泥舟のようね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2017/4/8

    サラエヴォ事件、あの橋、実際は橋というほどの長さはなく、第一次世界大戦が勃発しなければ、なんてことない橋なのである。

    その祭典を軸にオムニバス的な、むしろ「11ミニッツ」的な感じ。
    とはいえ、それぞれにドラマがあるのだが、鑑賞後記憶に残らないって一体…
    社会ドラマを描く監督の割に、分散しすぎたのかな。
    正直、感想は無である。
    でも世界的映画祭では賞を獲っているいるってことは集中力の問題か。

    違反報告