劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

2018年10月19日公開,105分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大正時代を舞台にした大和和紀の歴史少女コミック『はいからさんが通る』連載40周年を記念し制作されたアニメ2部作の後編。紅緒の許婚・伊集院忍少尉が戦地で消息不明となるなか、彼女の前に少尉と瓜二つのロシアからの亡命貴族サーシャ・ミハイロフが現れる。監督は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の助監督を担当した城所聖明。声の出演は、前作に引き続き早見沙織、宮野真守、梶裕貴、櫻井孝宏、中井和哉らが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大正時代。女学校に通う花村紅緒(声:早見沙織)は、祖父母の時代から決められていた許婚・伊集院忍少尉(声:宮野真守)と出会う。当初は少尉に反発していた紅緒だったが、やがてふたりは許婚という関係を超え、心の底から惹かれあっていくのだった。しかし、少尉が戦地で消息不明に――。どこかで彼が生きているのではと諦め切れない紅緒の前に、ある日、少尉と瓜二つのロシアからの亡命貴族サーシャ・ミハイロフが現れる。だが彼は、愛する人と同じ姿でありながら自分のことをまったく知らない。ショックを受けた紅緒を励まし、支え続けたのは、彼女が働く出版社の編集長・青江冬星(声:櫻井孝宏)だった。過去は忘れて新しい道を共に歩んでいこうと語る冬星とサーシャの間で紅緒の心は激しく揺れ動く。そんななか、次々と衝撃的な事実が明らかとなり、紅緒は歴史的大事件に巻き込まれてゆく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
105分

[c]大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    3.8
    11日前

    2021年10月9日
    劇場版 #はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~ (2018年)鑑賞

    どんでん返しがすぎる結末

    男は、妻が死んだら元の女のところへ

    女は、結婚式の誓の言葉を交わしたのに元の男のところへ

    急すぎやしないか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2018/10/24

    多少の割愛要素はあったが、ほぼ漫画原作のとおりにアニメ化。
    この「原作のとおり」が曲者。
    漫画単行本のプロモーションビデオとしてはまぁまぁながら、2018年に上映される単体の映画として、なんの工夫もないはどうなのよ、と。
    可もなく不可もなく……、いや不可はあったか。

    原作や旧アニメから要素を丁寧に拾って、今の時代にも通じるように再構築しリブートされた「前編」と違って、この「後編」はやっつけ感が大きい印象だった。
    キャラの自問自答な独り言ばっかりで、全然物語が進まない。
    『皆さん原作読んでるから、動いて声出てればわかるよね』『重要なシーンほど割愛、セリフで説明処理』って、原作物の陥りやすいパターンに、はまってしまってるような。

    推測に過ぎないが、「原画動画コストを極限まで削って、予算もスケジュールも間に合わせた」のではないか?
    動きや表情で演技させる演出が少なかった。
    さらに、全体的な作画の粗さは目立つし、キャラの顔も頭身もコロコロ変わるし、やたら引きの棒立ちと顔のアップが連続するし。
    と、見栄えも悪い。

    39年前、モスクワ五輪がらみのTV放送枠調整で、アニメ化されなかった部分のリベンジではあったのだが。
    今のこの時代に作る意味を喪失していたように思いました。

    違反報告