凸凹西部の巻|MOVIE WALKER PRESS
MENU

凸凹西部の巻

1949年11月公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1947年製作のバッド・アボット、ルー・コステロの共演喜劇で、ダニエル・D・ビューチャンプとウィリアム・バワース原作「凸凹お化け騒動」のロバート・リース、フレデリック・I・リナルド及びジョン・グラント共同脚本、かつてウィリアム・ウエルマンの助手だったチャールズ・T・バートンが監督、チャールズ・ヴァン・エンジャーが撮影したもの。助演は「卵と私」のマージョリー・メイン、新人オードリー・ヤングその他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

男が男であった時代の西部、ワゴン・キャップの町へ、男が男ならぬ2人組デュークとチェスターが乗り込んだ。酒場の前でチェスターが空へ向け一発射つと、途端に2階から死体が転落し、たちまち殺人犯として絞首刑にされかかる。ところが殺人犯は被害者の家族を扶養する義務ありという州法に依り、チェスターはホーキンス夫人と7人の子供を世話することになる。この恐るべき義務を引き受けねばならぬので、チェスターを殺すことは皆が御免こおむる点に眼をつけ、町長はチェスターを保安役にする。酒場の経営者フレイムが金塊を積んだ駅馬車を襲う計画を立てるのを知ったチェスターは、怪我の功名で取り押さえる。それをきっかけに、酒場に逃げ込んだフレイム一味は、正義の若者ジム以下の自警団に捕縛される。そしてホーキンス殺しの真犯人はフレイムと判明したので、チェスターの義務は解放され、デュークと共に黄金の花咲くというカリフォルニアへ向かった。

作品データ

原題
The Wistful Widow of Wagon Gap
製作年
1947年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?