凸凹フランケンシュタインの巻|MOVIE WALKER PRESS
MENU

凸凹フランケンシュタインの巻

1954年12月26日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「凸凹殺人ホテル」のロバート・アーサーが製作した1948年アボット=コステロ映画で、「凸凹スキー騒動」のチームであるロバート・リース、フレデリック・I・リナルド、ジョン・グラントが脚色、「凸凹持逃げ騒動」のチャルズ・バートンが監督した。撮影は「凸凹持逃げ騒動」のチャルズ・ヴァン・エンジャー、音楽は「タルサ」のフランク・スキナー。2人組の他、ロン・チャニー「紀元前百万年」、ベラ・ルゴシ「魔人ドラキュラ」、グレン・ストレンジらの怪奇俳優が共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

チック(アボット)とウィルバア(コステロ)は鉄道の荷物係で、ある時ドラキュラ(ベラ・ルゴシ)とフランケンシュタイン(グレン・ストレンジ)の遺骸の入った籠をマクドゥガルの化物屋敷に配達したが、死体は逃走してしまった。2人は満月の夜本性を現す狼男と称するロウレンス・タルボット(ロン・チャニー)に出会う。彼はドラキュラがフランケンシュタインに脳を提供するのを妨げようとして欧州から渡って来たのだと、2人に告げた。仮面舞踏会の夜、ウィルバアはドラキュラに連れ出され、付近の島でその脳をフランケンシュタインに取られてしまうことになった。チックと狼男タルボットは仲間の失踪を知ると早速救援に出かけた。ウィルバアがまさにいけにえにされようとした時、昇って来た満月はタルボットを狼にし、彼はドラキュラを追ってともに崖から落ちてしまった。難を逃れた2人は、フランケンシュタインが追って来るのでボートに逃げ込んだ。乗り込んで来た怪物は、ついに活力つきて水に飛び込んだので、やっと2人は助かった。

作品データ

原題
Bud Abbott and Lou Costello Meet Frankenstein
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?