おとなの恋の測り方|MOVIE WALKER PRESS
MENU

おとなの恋の測り方

2017年6月17日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

敏腕女性弁護士と背の低い建築家が繰り広げる恋の騒動を描く、フランス発のラブ・コメディ。『アーティスト』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたフランスの名優ジャン・デュジャルダンがCGで小柄な男に変身。周囲の偏見をはねのけ、彼女に男の価値を再確認させるキャラクターをコミカルに演じる。

予告編・関連動画

おとなの恋の測り方

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女たらしの夫と離婚したものの、仕事のパートナーであるため、毎日顔を合わせては口論を繰り広げる弁護士のディアーヌ。そんな彼女の元にある日、一本の電話が入る。レストランに忘れた携帯電話を拾ったので渡したいと言うのだ。電話口の知的でユーモラスな口調に胸をふくらませるが、彼女の前に現れたのは自分より背の低いアレクサンドルという建築家だった。

作品データ

原題
UN HOMME À LA HAUTEUR
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
フランス
配給
松竹
上映時間
98分

[c]2016 VVZ PRODUCTION-GAUMONT-M6 FILMS [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2017/6/28

    カミさんのお供で観賞。
    流れは意外に単純なラブコメですが画で魅せます。
    CGで小柄化されたジャンの演技が冴えてます。
    フランス的な捻りの面白さよりも、イタリア的なストレートな押しにニコニコしてしまいます。
    相手を好きになる基準は何かを問い直す良作です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/6/19

    ディアーヌに、共感できないんだな‥確かに元夫は仕事は出来るけど最低だと思う。
    でも、彼のステイタスは今も好きなんだよね、彼女は。
    その最低さを強調するために女癖の悪さ足された感じ。
    そこは分かって居ながら、未練を持たれて悪い気がしていない感じが・・俗物よ?
    受け入れるのに葛藤が有るのは、分かるの。
    周囲の盗み見の視線や嘲笑いが気になるのよね。自分は違うって自信はまだ持てないのよね。
    嫌と言うほど傷付き、それを乗り越え紳士でユーモラスで大人なアレクサンドルを知れば知るほど心は痛むと思う。
    でも、中身に惚れちゃったら、どんな個性も魅力的に見えちゃう自信ある。私。盲目だから。

    で、アレクサンドルは、本当に、頑張ってる。傷付いた顔をして周囲を困らせないように。大人な対応で。本当に紳士。
    だけど、ディアーヌなのよ。レストランで見かけて、知り合いたいと思ったのは、ブロンド美女だったからよね。
    知り合って中身を知ってからは見掛けじゃなくて中身に惹かれたのかもだけど、きっかけは、美女だからよね。
    オープニングでは、街を闊歩するディアーヌをすれ違う人が皆振り返り視線を送るの。嘲笑いでは無く羨望の視線ね。凄く皮肉で上手い演出なんだけど、そんな彼女をアレクサンドルが連れ歩きたいのは、やっぱりゴージャスな女性を連れていないと負け犬に見られる・・・って思いが有るんじゃないかと思うと、なんかちょっと受け入れがたいわね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告