ビニー/信じる男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ビニー/信じる男

2017年7月21日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『セッション』のマイルズ・テラーが交通事故からの奇跡の復活を遂げたプロボクサー、ビニー・パジェンサを演じる、実話を基にした人間ドラマ。誰もが再起不能と見なすなか、伝説のトレーナーと共に再びチャンピオンの座を目指して奮闘する主人公の姿が描かれる。巨匠マーティン・スコセッシが製作総指揮を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ボクシング世界スーパーミドル級のチャンピオン、ビニーは交通事故で首を骨折し、瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に誰もが選手生命を絶たれたと思い、彼の周りにいた人々は去っていく。だが、ビニーは決して諦めていなかった。彼はトレーナーのケビンと必死のリハビリを始め、再びチャンピオンへの道を歩き出す。

作品データ

原題
BLEED FOR THIS
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/7/10

    怪我からの奇跡の復活って最高のシナリオだけど実話となると凄いですね。しかも首だし。
    ボクシングは嫌いじゃないのでたまにTV観戦くらいはしますが身近にいる人にとってはたまらないでしょうね。劇中の母親の気持ちも、ビニ―と同じ方を向いていたはずの父親の事故前と事故後の気持ちの変化もとてもよく分かります。そして家族での食事シーンが何度もあって家族愛の深さが素晴らしかった。事故後もトレーナーが同じ食卓に着いているしビニ―は周りの人に恵まれていますね。
    劇中ではものすごく悪い人や嫌な奴は登場しませんが、ビニ―の最後のセリフの「単純だ」からは色んな思いが想像できます。
    マイルズ・テラーのこの一作中の体系の変化が凄い。さすがだなぁと思う。「幸せのレシピ」で歌って料理してたアーロン・エッカートが腹の出たトレーナーになっていた。こちらもさすが、気が付きませんでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ryookie

    3.0
    2019/5/23

    とても実話とは思えない!!と思っていたらエンディングでちゃんと実際の映像出て二度ビックリ!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/8/16

    あんな、一番良い時に全てを失う事故に有ったら、そりゃあ、諦めきれないですよね‥
    それでも諦めるのが普通の人ですけど、彼は違った・・そう育ててしまった事を悔やんだお父さんの気持ちが凄く良く分かって辛かった。
    ただ、生きていてくれれば良いよね。チャンピオンじゃなくても。親としては。
    最初から試合を見られないママの気持ちも凄く解る。どこのママも試合見たいのね。
    我が子が殴られる所は見たくないよね‥例え勝ったとしても。

    無謀だけど、それだけじゃない。ちゃんと地道に慎重に、考えながらのトレーニング。
    良いトレーナーに出会って良かった。一人じゃないって、強いね。

    観ていて、首が痛くなる気がします。

    つい先日Roberto Durán の伝記映画HANDS OF STONEを見たばかりなので、どっちを応援して良いか解らなくなりましたけど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2017/7/30

    M.テラーのボクサー役の体づくりといい、A.エッカートのトレーナーの体型といい改めて、日本の役者が髪型にこだわったとか呑気はコメントをしている発言に羞恥と絶望を感じる。

    とにかくテラーの「セッション」での狂気じみるほどの練習に励む1人の青年が、この体づくり。こちらの役もあるいみ同じかも。

    ボクサーは激しいトレーニングの上、体重コントロールも厳しく、ゆえにビッグタイトルマッチにはビッグマネーが動くのもわかる。
    ボクシングとは関係ないところでの車上事故。そりゃないぜ。
    ハロー手術…見た目からインパクト大。ボルトを頭にねじ込み、日常生活においてすべてが困難。本人が言う通り身体障者ではない。そうだけれど、その姿に同情やら看病やら、ハラハラしてしまう。

    そんな状況で試合に出るって正気ではない。頭がイカれたと彼以外思うのは当然。
    なぜ彼はそう思えたのか。自身の体は己が一番わかっている。
    信念、熱意、いやそれ以上のもの、人生の賭けだ。たとえ試合後の体がどうなっても惜しくない、いやそうはならない。勝利することが前提なのだから。
    コーチの決断も同じく賭けに等しい。
    彼は家族同然。この家の家族の絆は強い。度々食事のシーンが登場するが、会話が絶えなく仲が良い。
    彼の努力は彼がしなくてはならない。しかしメンタルサポートが周囲にあってあの試合は起こりうる奇跡だったのかも。
    1歩下がってみても人生、何が起こるかわからない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2017/7/22

     世界ジュニアミドル級チャンピオンだったビニー・パジェンサが交通事故により首を骨折する瀕死の重傷を負って、一時は歩くこともできなくなるともいわれた状態から、自分を信じて努力とトレーニングを重ね、そして、見事に復活を成し遂げた実話の映画化!

     実話なので、結果は分かっているため展開とドラマ性が重要なってきますが、そこが今一つだったような気がします。

     重要な関わりとして、父、母、姉、姉の夫、彼女等が登場していても、それぞれの人間性が描き切れていないため、なんか薄っぺらく、ビニーを含めて心の葛藤や変化が見えてきませんでした。

     よかった点といえば、飲んだくれトレーナーのケビン(アーロン・エッカート)となんだかんだ言っても迫力の試合シーンぐらいしか思い浮かびません!

     奇跡の復活の陰には、正直、復活を心から喜んでいない両親や姉の気持ちがあり、私としては、そちらに感情移入して、いたたまれませんでした。

    違反報告