ありがとう、トニ・エルドマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ありがとう、トニ・エルドマン

2017年6月24日公開,162分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第69回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を始め、各国で数々の賞に輝いたヒューマンドラマ。悪ふざけが大好きな父が、娘を心配しブカレストを訪れる。数日間一緒に過ごし父はドイツに帰るが、娘のもとに<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れ……。監督・脚本は「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アデ。出演は「三人姉妹(1988)」のペーター・シモニシェック、『裸の診察室』のザンドラ・ヒュラー、「ボーグマン」のハーデウィック・ミニス、「エンジェル(2007)」のルーシー・ラッセル、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ。

予告編・関連動画

ありがとう、トニ・エルドマン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

悪ふざけが大好きな父ヴィンフリート(ペーター・シモニシェック)と、コンサルタント会社で働く娘イネス(ザンドラ・ヒュラー)は性格も正反対。そんな二人の関係はあまり上手くいっていない。たまに会ってもイネスは仕事の電話ばかりで、二人はろくに話すこともできなかった。ある日、娘を心配したヴィンフリートは愛犬の死をきっかけに、彼女が働くルーマニア・ブカレストへ向かう。父の突然の訪問に驚くイネスだったが、ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行く。だがホッとしたのも束の間、彼女のもとに<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。職場、レストラン、パーティー会場……。神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラも募っていくが、二人が衝突すればするほどお互いの仲は縮まっていくのだった……。

作品データ

原題
TONI ERDMANN
映倫区分
PG12
製作年
2016年
製作国
ドイツ オーストリア
配給
ビターズ・エンド 提供:ビターズ・エンド、ハピネット
上映時間
162分

[c]Komplizen Film [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2018/10/12

    子を想う親の愛って、いろんな形があると思う。
    ただ想うだけの場合もあれば
    会話の場合もある。
    それが行動に移す場合となれば
    トニ・エルドマンとなるのが一番。
    子どもが心配で、何とか助けたい
    何とか力になりたい、何とかそばにいたい。
    親なら誰でも思うことを行動できて
    トニ・エルドマンが羨ましい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/7/16

    彼の行動をみると一瞬、父娘2人だけの家族と思いきや父には奥さんもいて仲もよろしい。イネスはバリバリのキャリアウーマンに見えるがまだ仕事は一任されてはいない。そのため上からと顧客からのでかいプレッシャーに押しつぶされそうになっている。人生に余裕がない。
    そんな娘を見たら何とかせねばと彼の独特な表現法は娘同様、観客もやや困惑。
    わずかな期間の話にも関わらず3時間弱の上映にもや驚く。空気間を省いていないからか。
    「ユーモアを忘れるな」彼のセリフ。たしかに人はネガティブな時そのことをすっかり忘れる。笑うって難しい。
    妻、母が亡くなった時、この家族は父娘だけでなかったと冒頭と同じ気持ちになる。
    彼の行動はこんなに執拗だけれど第3的立場からみれば、その痩せっぽちの娘の姿をみたら、ちょっと彼の行動にも納得かな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    4.0
    2017/7/11

    是枝作品のようなドキュメンタリータッチ、かつ主人公パパがいい意味で不協和音キャラ、さらにはタイトルロールの変装(笑)で、往年のジョン・ベルーシもかくや、の大暴走。すべては非人間的になってしまった娘を思う余りなのですが。

    父と娘のテーマって欧米には多いですね。観た作品だけでも「バードマン」、「スティーブ・ジョブス」、それにイーストウッドの「目撃」。これらの中ではイーストウッドの父親像が一番近いかな。娘不在時に勝手に家に入り込んでるし(笑)。

    詳細はネタバレになるので伏せますが、自分は幸運にも予告編を見なかったので、意外な場面が2つ見られて幸福でした。1つはパパの職業にまつわるもの、もう1つは、パパの遺伝か?感化か?の娘の変貌ぶりとその後の決心。

    娘役の女優さん、自分的にはケイト・ブランシェット似かな。それとかわいいと評判の部下役の人は、ベッキー似で、共にクライマックスで笑わせてくれます。

    長時間ですが、個人的には心地よかったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/6/26

    予告では、パパが度が過ぎた悪戯で娘を困らせる内容かと思ったけど、違った。
    全部、パパの愛だった。
    そりゃ、娘があんなにいつも仏頂面して居たら、親は心配になる。

    仕事は楽しいだけじゃ無い物だけど、あんなに義務感?余裕が無く働いて居たら何が大事か解らなくなる。流されているだけ。

    全然魅力的じゃないんだけど、パパに歌わされた時だけ、びっくりした。
    良い歌だった。パパからのメッセージそのもの。

    ブチ切れた彼女に付き合ってくれる職場のメンバーが居て良かった。
    秘書の女の子、可愛くて、素直で、本当に魅力的♪

    最後の、もっと会いに来ればよかった・・「忙しくて」は帰郷しない人間の常套句ね。私もそうだ。そして後悔するのよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告