ローマ法王になる日まで|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローマ法王になる日まで

2017年6月3日公開,113分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第266代ローマ法王フランシスコの激動の人生を事実に基づき映画化。ブエノスアイレスでイタリア移民の子として生まれたベルゴリオは、20歳のときイエズス会に入会。35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命されるが、軍事独裁政権の足音が近づいていた。監督・原案・脚本は、「我らの生活」のダニエーレ・ルケッティ。出演は、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のロドリゴ・デ・ラ・セルナ、「グロリアの青春」のセルヒオ・エルナンデス。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ローマ法王になる日まで

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベルゴリオ(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)はコンクラーベ(法王選挙)のために訪れたバチカンで、自身の半生を振り返る。1938 年、ブエノスアイレスでイタリア移民の子として生まれたホルヘ・マリオ・ベルゴリオは、大学で化学を学んでいた20 歳のとき、神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会する。神学を学び始めると瞬く間にその指導力が認められ、35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。次第に軍の圧力が強まり、恐怖政治の足音が近づいてくるなか、ベルゴリオは弱きもの、民衆に寄り添い続けた。

作品データ

原題
CHIAMATEMI FRANCESCO - IL PAPA DELLA GENTE
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
イタリア
配給
シンカ=ミモザフィルムズ
上映時間
113分

[c]TAODUE SRL 2015 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2017/6/14

    宗教は時にとても危険ではあるけれど、大きな救いでもある。
    正しくあろうと、弱き人たちの味方でいようと、我が身の危険をかえりみない人たちの存在は、どれだけ心強い事か。

    マーティン・スコセッシ監督の沈黙が、何度も脳裏に浮かびながら観ました。

    それと、ローマ法王の休日もね。うん、頼もしい、ふさわしい方が選ばれて、とても良かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/6/10

    ローマ法王を決めるって各国の大統領や首相を決めることより一大事に見える。世界のカトリック信者の頂点、無神論者からすると神はいないのだが、法王は信者にとって神の代弁者に値する。
    南米から初めての法王。どうやら型破りな人物。

    法王になるまでの長い人生、どう歩んできたのか、人々に指南する立場なら紆余曲折、波乱万丈、ぬるま湯に浸かっているのではなく、いばらの道を素足で歩くような環境をしていて欲しい。

    青春も無理やり制御するのではなし、当時の混沌としたアルゼンチンにいた。庶民の話に耳を傾ける。
    武力や権力ではなく、自分の立場からどう指南していくか、時に型破りで時に異質でも、正しければ下々はフォローするのだ。

    頂点になると逆にセーブされることが多そうだが、現時点ですでに高齢だし、それでも人生で培ったことを駆使し、人々に影響を与えていくのだろう。

    地味になるほど!

    違反報告