ロダン カミーユと永遠のアトリエ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

2017年11月11日公開,120分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ポネット』の名匠ジャック・ドワイヨンが、“近代彫刻の父”と呼ばれる芸術家オーギュスト・ロダンの半生を描く人間ドラマ。内縁の妻ローズと弟子で愛人でもあった女流彫刻家カミーユ・クローデルとの間で揺れ動くロダンの愛と苦悩に満ちた日々や、数々の名作誕生の裏側がつづられる。ロダンを演じるのは演技派ヴァンサン・ランドン。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1880年パリ。彫刻家のロダンは40歳にしてようやく国から注文を受けるようになる。内縁の妻ローズと共に暮らしていたが、弟子入りを願うカミーユと出会い、その才能に魅せられ、すぐに自分の助手とし、愛人にした。その後、2人は10年にわたって情熱的に愛しあい、お互いを尊敬しつつ複雑な関係を続けるが、やがて破局を迎える。

作品データ

原題
RODIN
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
松竹=コムストック・グループ
上映時間
120分

[c]Les Films du Lendemain / Shanna Besson [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2017/12/6

    出てくる芸術家仲間の名前がそりゃあもう豪華です。各ジャンル。

    それにしても、芸術家はモテます。
    モデルには妥協はしないけど、優しい。
    そして、良い作品にするには何かしらの思い入れが必要で。そりゃあ、美しい異性が相手なら惹かれるのは致し方ないのですけど。
    美しく才能豊かな女性も、貞淑で従順な女性も、嫉妬の前では醜く歪む。
    そして男は調子が良くて、狡くて、傲慢。今も昔も変わらない。やはり醜い。

    それにしても、突然世界観が変わるラストには驚いた。・・・が、過去に似たような気分を味わったことが有った。
    これは、功を奏したのだろうか‥
    日本人には近し過ぎて、もしかしたら興醒めするかもしれない。
    外国人が見たら、有りかも知れない。難しい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告