当世女大学|MOVIE WALKER PRESS
MENU

当世女大学

1931年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「三人の女」と同じくハンス・クレーリー氏が書き卸した台本により「三人の女」「禁断の楽園」等と同じくエルンスト・ルビッチ氏が監督したもので。「三人の女」「結婚哲学」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「結婚哲学」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が主演し、「十番目の女」等出演のジョン・ローシュ氏「3人の女」等出演のウィラード・ルイス氏及び「酒!酒!」等出演のクララ・ボウ嬢等が共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ガストンの妻ルウは良人が商売にばかり身を入れて少しも自分の相手になってくれないので、淋しさの余り音楽家のモーリスに近付いていた。ガストンは妻が自分の存在を認めないのだと思って、弁護士アンドレーに相談し、女房征服の秘密を廻らす。夫婦は一時別れて暮らす事に話を定め、ガストンは女秘書のイヴェットと一芝居打った。これが美事成功して、彼はルウルウの心の底を見定める事が出来、結局二人は誤解していることが判って、元々通り仲を直した。

作品データ

原題
Kiss Me Again
製作年
1931年
製作国
アメリカ
配給
中央映画社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?