50年後のボクたちは|MOVIE WALKER PRESS
MENU

50年後のボクたちは

2017年9月16日公開,93分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

26カ国で出版されるベストセラー小説『14歳、ぼくらの疾走』を、「消えた声が、その名を呼ぶ」のファティ・アキンが映画化。家庭環境に恵まれず、クラスからもはみ出した14歳のマイクは夏休み、奇妙な転校生チックに誘われ、盗んだ車で旅に出るが……。出演は「西という希望の地」のトリスタン・ゲーベル、オーディションを経て本作でスクリーンデビューを飾ったアナンド・バトビレグ・チョローンバータル。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

50年後のボクたちは

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドイツ。14歳のマイク(トリスタン・ゲーベル)は、クラスのはみ出し者。授業でアル中の母親(アニャ・シュナイダー)についての作文を読めば、“変人”と笑われ、先生からは大目玉。同級生のタチアナに片思いしながらも、臆病で話しかける事すらできないが、3週間後の彼女の誕生パーティーに向けてこっそり似顔絵を描いていた。そんなある日、クラスに転校生がやって来る。“チチャチョフ”という聞きなれない名前の転校生(アナンド・バトビレグ・チョローンバータル)は、遠いロシアからやって来たらしい。目つきが悪く、変な髪型で二日酔い。奇妙な転校生は“チック”と呼ばれ、その噂はたちまち学校中に広まる。やがて訪れた終業式。タチアナの誕生パーティーの招待状は、マイクとチックにだけ届かなかった。似顔絵を破り捨て、部屋で1人、涙を流すマイク。そして始まったマイクの夏休み。母親は断酒のための病院に入院。浮気中の父親(ウーヴェ・ボーム)は200ユーロを置いて、愛人と旅行に出かけて行った。そこへチックが、オンボロのディーゼル車に乗って現れる。どうやら盗んできたらしい。ドライブに誘われ、渋々車に乗り込むマイク。2人はタチアナの誕生パーティー会場を訪れると、渡せずじまいだったプレゼントを渡して去っていく。こうして、スマホも投げ捨て、青いオンボロ車でひたすら南を目指して旅に出た2人。目指すは、チックの祖父が暮らすという未開の地“ワラキア”。警察に追われ、奇妙な出会いを繰り返しながら続く2人の旅の行方に待つものは……?

作品データ

原題
TSCHICK
映倫区分
PG12
製作年
2016年
製作国
ドイツ
配給
ビターズ・エンド
上映時間
93分

[c]2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/9/24

    人生、少青年期にどんな人に出会ったかでその後の人生が変わってくるかも。その時期ならではの感受性が成人よりもずっと豊かで、突拍子もないことを思いつき、クールにしていたって根は幼い。

    ヨーロッパの夏休みは長く、バケーションであり、成長するにはもってこいだ。
    マイクは危うくそのチャンスを逃し、まるで日本の夏休みのようなことになりそうだった。チックの存在は強烈だった。髪型や顔つき、デカいし、タバコもふかし、でも彼らの相性はまずまずってとこ。

    大いに違法行為をし、わずかな期間に大人抜きの旅は一生記憶に残る。「グッバイ、サマー」も同様だけど男子特権な気がする。
    皆は親の下で楽しんだバカンス。マイクの自身に満ちた表情を見よ。良いなぁ。Do it by my selfがこれがとても重要!

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/9/19

    スタンドバイミーと並べ称されるのが分かる、青春ムービーでした。
    盗んだ車で走りだした14歳の少年二人。

    中々な家庭環境の中でとても優しい目で母親を支えている。
    父を恨んでいるけれど、アル中の母を恥ずかしいと思って居ない。それが先生を始め誰にも伝わらない。
    浮いているけど、気にしていない。そんなマイクを、カミングアウトの相手に選んだチック。
    マイクがモテ期だと言う真意は後でわかる。
    冷めているのか、諦めているのか、やんちゃなのか、良く分からないチックの境遇もかなり凄そう。
    最初は強烈な印象だったけど、胸に秘めた思いが有ったのか‥と思うと何だか愛おしく思える。

    彼らの無茶な行動や、引き際や、機転や、寛大さ、それ全てがもう、キラキラした青春なんだな。
    来週や、来年や、10年後じゃなくて、50年後って所が壮大ね。
    私でもまだどうなっているか想像つかない。

    懐かしく思い出せる夏の日の思いで。それって人生の宝物よね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告