ジャコメッティ 最後の肖像|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャコメッティ 最後の肖像

2018年1月5日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

66年に亡くなった後も絶大な人気を誇るスイスの芸術家アルベルト・ジャコメッティ。彼が最後に手がけた肖像画と、そのモデルを務めた作家との関係を描いたユニークなドラマ。“2日で描き上げる”との言葉を信じて、辛抱強くモデルを務める作家が、本能と信念のままに生きるジャコメッティに翻弄されていく様がつづられる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1964年のパリ。アメリカへ帰国寸前だった作家のロードは友人で芸術家のジャコメッティから肖像画のモデルになってほしいと頼まれ、“2日で描き上げる”との言葉を信じて彼のアトリエへ向かう。ところが気分家のジャコメッティはミューズ的存在の娼婦と妻の目の前で堂々と不倫したり、完成間近の肖像画を筆で消したりと、月日が過ぎていく。

作品データ

原題
FINAL PORTRAIT
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
イギリス
配給
キノフィルムズ
上映時間
90分

[c]Final Portrait Commissioning Limited 2016 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2018/1/10

    相変わらず、Armie Hammerはパーフェクトですね。
    完璧な均等の容姿も肢体も。
    彼の完璧さには、彼に恋している女性すら嫉妬すると思う。

    そんな彼を、Geoffrey Rushが演じる欠点だらけの芸術家ジャコメッティがモデルとして見つめる。

    才能に惹かれる故に拒めず抜け出せない日々。その苦悩する姿さえ絵になる。

    作品に完成は無い・・・真理かも。

    そして傲慢で精神的に弱いジャコメッティが、憎めない。
    完成に近づくと壊してしまいたくなる。それって回避依存症の典型な気がする。その気持ち、良く分かる。
    批判されるのも、評価されるのも苦手だけど、認められたい欲求だけは人一倍強いわよね。
    器用に切り替えしたわね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告