ヒトラーに屈しなかった国王|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒトラーに屈しなかった国王

2017年12月16日公開,136分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第二次世界大戦当時、ナチス・ドイツに抵抗し、国の運命を左右する決断を下したノルウェー国王の3日間を描いたドラマ。1940年4月、ナチス・ドイツ軍がノルウェーに侵攻。降伏を拒否したノルウェー国王ホーコン7世は、首都オスロを離れるが……。ホーコン7世を演じるのは、「007 スペクター」のイェスパー・クリステンセン。監督は「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。これに応戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要都市が相次いで占領されてしまう。ドイツ軍は降伏を求めてくるが、ノルウェー政府はその要求を拒否。ノルウェー国王のホーコン7世(イェスパー・クリステンセン)は、政府閣僚と共にオスロを離れる。だが、ドイツ公使は再び降伏を要求し、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けるよう求めてくる。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、国の運命を左右する選択を迫られる……。

作品データ

原題
KONGENS NEI
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
ノルウェー
配給
アット エンタテインメント
上映時間
136分

[c]2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2017/12/31

    国王には国民第一をまず考えてほしい。政治と王室は別件でも国王の一言で決まる。それがどれだけ民を救うか。犠牲になるのは何の権力もない下々からなのから。
    日本?あれは誰も表向き誰も咎めていないけれど、日本の象徴って呼んでいいの、今も未来も。必要?

    映画はこんこんとした積雪した中だからか、相手側の空襲はアメリカの戦争映画に比べるとダイナミックスが欠ける。首脳会談にしても実に淡々とし、正直眠くなる。
    役者の技術が足りないのか、演出が良くないのか、重大な事項に関わらず、印象に残らない映画になっている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/12/29

    お爺ちゃん国王素敵ですね。
    王家の次男として、凄くしっかりとした心構えで王になったんだろうな‥

    ノルウェー政府はまるで幕末の旧幕府軍のようですね。
    平和を継続させるためのお上の苦労を、下々は知らない。

    ナチ勢力に対し、諸国は戦ったり、降伏したり、日和見ったり。幕末の各藩と一緒。
    偽の錦の御旗に翻弄され、それぞれの思惑と正義で動いた各藩と。
    藩の存続を、祖国の事を考える。
    民主主義を守る。
    政府を乗っ取ろうとした新政府たちを抑え、信念を貫いた国王が、今評価されて居る事が嬉しいですよね。
    その時の被害は増えたかもしれないけれど、降伏して居たらその後の惨状はそんなものじゃ無かった筈。
    それもとても理不尽に。

    再会し戸惑う孫の姿に、離れていた年月の長さを感じます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2017/12/29

     平成29年も終わりに差し掛かって、「否定と肯定」「ユダヤ人を救った動物園」そして、この「ヒトラーに屈しなかった国王」となぜか、ヒトラー率いるドイツ軍がもたらした・・・を題材にした映画が続けての公開となっています。そして、3本とも実話を基にした映画です。

     3本とも鑑賞したが、今回の映画が一番考えさせられる内容でした。

     映画の舞台となっっているノルウェーの国王制度と日本の天皇制度がどことなく類似していることと、一番偉いのに、実は国を仕切っているのは政治家であるところも同じで「もし日本だったら天皇も同じような判断を強いられるのか」となんだか複雑な気持ちでの鑑賞となり、考え深いものがありました。

     結果的に苦渋の最終判断は「正しかった」とされているようですが、私的には観終わった後、納得するまでしばらく時間がかかりました。

     どちらにせよ、考えた末に様々なことに気づかされ、勉強になった映画であることは事実です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2017/12/23

    原題は「The King's Choice」で、邦題よりもよくこの映画を
    表していると思います。

    ノールウェーは、世襲の君主が主権を持つ立憲君主制という
    政治形態です。

    政治家を信用せず、国王を民主的に選んだとノールウェー人と
    ノールウェー人の信用に応えた国王の物語です。
    誰もが、何かを守っているというところが印象的です。

    日本も世襲の天皇が主権を持つ立憲君主制という政治形態です。
    日本の天皇家は、世界一長く続いている王族ですが、政治家等の
    言いなりで、戦争に利用されるだけの存在です。
    第二次世界大戦は言うに及ばず、靖国神社という形を変えて
    現代の日本でも天皇は政治家に利用されています。

    ノールウェーと日本が同じような国には思えません。
    ノールウェー人の7人に1人がこの映画を鑑賞し、2016年
    の興行成績第一位を獲得し、社会現象的大ヒットしました。
    2016年の日本では、「君の名は。」や「シン・ゴジラ」が
    社会現象的大ヒットしました。
    私は、「君の名は。」も「シン・ゴジラ」も鑑賞していませんが、
    根本的に、ノールウェー人と日本人には違いがあるように感じます。

    心に残る名セリフもたくさんあるので、期待を裏切ることのない映画です。

    「他国の侵略に屈する国家は存在する価値がない」
    日本という国に価値はあるのでしょうか?

    「君たちは国民に選ばれた。どんな状況下でも国を率いる責務がある」
    日本の国民に選ばれた政治家には、国を率いる責務は果たせるのでしょうか?

    「この国の行く末は密談によって決まるのではない。
     国民の総意で決まるのだ」
    高級料亭という中の密談で、国の行く末を決められている日本という
    国に行く末はあるのでしょうか?

    映画の余韻に浸りたいという人にはパンフレットの購入をお勧めします。

    違反報告