ブラッド・スローン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブラッド・スローン

2017年9月30日公開,121分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

暴力が支配する監獄の現実を、実在の刑務所で撮影したアクション。エリートコースを歩んでいたジェイコブは、不注意で交通事故を起こし収監される。ギャング同士が殺し合いの抗争を繰り広げる監獄で生き残るため、ジェイコブは体を鍛え、頭脳を駆使して挑む。監督は、「オーバードライヴ」のリック・ローマン・ウォー。出演は、「キング・オブ・エジプト」のニコライ・コスター=ワルドー、『POWER/パワー』のオマリ・ハードウィック、『ウォーキング・デッド』のジョン・バーンサル、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のジェフリー・ドノヴァン。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

頭脳明晰、容姿端麗なジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)は、敏腕のファイナンシャル・エグゼクティブとしてエリートコースを歩み、愛する妻ケイト(レイク・ベル)や子供に恵まれ、順風満帆な人生を送っていた。そんな矢先、不注意で交通事故を起こし、同乗していた友人を死なせてしまい、過失致死容疑で逮捕される。裁判をしても勝ち目がないのを知ったジェイコブは、刑期を全うするため監獄に入る決心をする。ジェイコブが収容された監獄は、ギャング同士が殺し合いの抗争を繰り広げる、暴力が支配する世界だった。新入りのジェイコブも受刑者から理不尽な暴力を受け、このままでは刑期を終える前に殺されてしまうと感じると、この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術は力しかないと悟り、体を鍛え上げ、全身凶器と化していく。そして頭脳を駆使して熾烈な抗争をくぐり抜けた彼は、監獄内のギャングのトップに上り詰める。釈放後、マネーとして生まれ変わったジェイコブは、白人ギャング組織“アーリアン・ブラザーフッド”のボス、ビースト(ホルト・マッキャラニー)から、妻子の命と引き換えに南カリフォルニアで大きな犯罪を仕切るよう強要される。彼は、自分の生き残りと妻子の命を懸け、人生最大の勝負に出る。

作品データ

原題
Shot Caller
映倫区分
PG12
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
松竹メディア事業部
上映時間
121分

[c]Shot Caller Films,LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2017/10/11

    甘いマスクのNikolaj Coster Waldauの、エリートなスーツ姿からマッチョで残忍なギャングのトップの頼もしい姿まで堪能できる映画です。

    なのに、息子の手紙を読んで見せるあの可愛い笑顔。
    こんな自己犠牲が出来る父親、夫が居る?
    ・・・と言うより、自分を赦せないのね。
    不注意で起こした事故を。赦す気が無いのね。

    でも、お互い飲酒を解った上で同乗したのに、そこまでドライバーを責められるの?
    そして罪を悔いた善良な市民を、あんなに残忍な殺人者に育て上げる刑務所の存在意味は?


    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告