謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス

2017年12月16日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

没後500年を迎えた画家ヒエロニムス・ボスの創作の謎と素顔を追ったドキュメンタリー。プラド美術館全面協力のもと、いまだ決定的な解釈のなされていない代表作『快楽の園』が世界中のクリエイターに与えた影響を検証、そこに込められたボスの思想と情熱に迫る。監督は「ファイティング・シェフ 美食オリンピックへの道」のホセ・ルイス・ロペス=リナレス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2017年、謎に満ちた画家ヒエロニムス・ボスの没後500年を記念したイベントが世界中で開催された。その最高傑作にして美術史上最も異彩を放つのが、スペイン・プラド美術館所蔵の三連祭壇画『快楽の園』。エロチックでグロテスクな“天国と地獄”が所狭しと描かれた奇想天外な世界。ボスは誰のために、何のために描いたのか。プラド美術館全面協力のもと、カメラは“悪魔のクリエイター”とも呼ばれたボスの創作の謎と素顔に迫る。赤外線分析で判明した下絵、緻密な筆遣いと顔料の秘密、現代に受け継がれなかった古楽器、そしてキリスト教との深い関係……。多方面の専門家の解説から『快楽の園』に込められた思想と、ボスの情熱が浮かび上がる。

作品データ

原題
EL BOSCO, EL JARDÍN DE LOS SUEÑOS
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
スペイン=フランス
配給
アルバトロス・フィルム(提供:ニューセレクト)
上映時間
90分

[c]Museo Nacional del Prado[c]Lopez-Li Films [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2018/1/3

    一度見たら忘れられない奇妙な魅力を持つボスの傑作「快楽の園」。
    芸術史唯一無二の作品に様々な角度からアプローチする本作。
    その優れた芸術性はもちろん、歴史的背景、宗教的解釈、寓意的な意味、精神面、文学性、音楽性、後世に与えた影響…とにかくあらゆる視点から解釈を試みて謎を解き明かそうとするけど、解釈は千差万別で。むしろそれこそが一番の魅力だということに気づく。
    500年以上経ってなお人々を魅了して止まない、本当に魔物のような絵画だなあ。ああ、いつか生で見てみたい。

    違反報告