劇場版 シネマ狂想曲 名古屋映画館革命|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版 シネマ狂想曲 名古屋映画館革命

2017年11月4日公開,65分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名古屋市のミニシアター、シネマスコーレの副支配人である坪井篤史に密着し反響を呼んだテレビドキュメンタリーの劇場版。名古屋を映画で一番熱い地にしたいと考え、トークショーや上映会などオリジナル企画を展開。その映画愛と取り巻く人々との交流を追う。監督は名古屋テレビ映像のディレクター、樋口智彦。俳優・監督として活躍する竹中直人がナレーションを務める。2017年4月29日よりシネマスコーレを皮切りに各地で上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1983年2月、映画監督・若松孝二が愛知県名古屋市に立ち上げたミニシアター、シネマスコーレ。創設以来、アジア映画やインディーズ作品などジャンルにとらわれず面白い作品を発信してきた。そんなシネマスコーレの副支配人・坪井篤史は、映画を愛するゆえにシネコンではなく映画のことだけに集中できるミニシアターで働くことを選び、アパートの1室に今では生産されていないVHS映画およそ7000本以上を溜め込んでいる。名古屋を映画で一番熱い地にしたいと考え名古屋映画館革命を掲げる彼は、作品の魅力を語り倒すトークイベント『アメカル映画祭』を15年間続けてきた。そんな彼が働くシネマスコーレでは、手書きの装飾や作品にちなんだフードメニューを用意するなど、映画とそれに携わる人々を温かくさえ、多くの監督たちからも愛されている。シネマスコーレで面白いことをしたいという監督からのオファーも相次ぐ中、映画監督・白石晃士が坪井と組み、超次元絶叫システムと銘打った前代未聞の上映会を開くことになる。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
メ~テレ(配給協力:オリオフィルムズ)
上映時間
65分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?