ザ・シークレットマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・シークレットマン

2018年2月24日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

リーアム・ニーソンがウォーターゲート事件の内部告発者“ディープ・スロート”こと元FBI副長官マーク・フェルトを演じたサスペンス。FBI長官代理グレイからウォーターゲート事件の早期解決を命じられたフェルトは、マスコミを利用しようとするが……。共演は「ボンジュール、アン」のダイアン・レイン、「ラビング 愛という名のふたり」のマートン・ソーカス。監督は「コンカッション」のピーター・ランデズマン。

予告編・関連動画

ザ・シークレットマン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1972年4月11日。大統領選挙203日前。FBI副長官マーク・フェルト(リーアム・ニーソン)は、ディーン大統領顧問(マイケル・C・ホール)から、40年間、FBIに君臨し続けるフーバー長官の退任について相談を受ける。だが、フーバーに忠誠を誓うフェルトは、FBIに集まるあらゆる情報を記した極秘の“メモ”の存在を仄めかし、逆に顧問たちをけん制。やがて、フーバー長官が死亡すると、司法次官のパトリック・グレイ(マートン・ソーカス)が長官代理に抜擢される。自分が次期長官だと信じていたフェルトはその事実に愕然とする。大統領選挙133日前。ウォーターゲート・ホテルの民主党本部に侵入した男たちが逮捕される事件が発生。捜査を開始したフェルトは、グレイから48時間以内の解決を命じられる。マスコミを利用して捜査継続を目論むフェルトは、TIME誌の記者サンディ・スミス(ブルース・グリーンウッド)と接触し、捜査情報をリーク。さらに、ワシントン・ポストにも電話を入れる……。やがてワシントン・ポスト紙に、ウォーターゲート事件は元CIA職員による盗聴事件だとの記事が掲載される。TIME誌でもFBIが真相隠蔽を画策したとの記事が出るという情報が。捜査情報のリークを巡って混乱するFBI。捜査を巡ってディーン大統領顧問と対立したフェルトは、例え相手が大統領であったとしても、犯罪を放置することは出来ないと決意を固める。だが、CIAの捜査は中止され、FBIにも捜査打ち切りが命じられる。それでも、真実を突き止めるまでの捜査は止めないと捜査官たちに熱く語るフェルト。そして、大統領選挙直前になって、“ディープ・スロート”と名付けた謎の情報提供者から得た情報に基づき、“ウォーターゲート事件は政権によるスパイ工作だった”との記事がワシントン・ポスト紙に掲載されるが……。

作品データ

原題
MARK FELT: THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/8/24

    今回はいつもの復讐の怒れる暴れるオジさん役
    ではないリーアム・ニーソン。
    ディープ・スロートことマーク・フェルトFBI副長官を
    シブく冷静沈着に演じ切りました。
    淡々としたストーリー展開でありながらも
    グイグイ引き込んでいく演技力は
    さすがのものでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2018/3/27

    【賛否両論チェック】
    賛:ウォーターゲート事件に際し、誰も信用出来ない中で、「禁じ手」を使ってまでも真実を追及し続けた主人公の執念に、頭が下がる。
    否:展開は非常に淡々と進むので、興味を惹かれないと眠くなってしまうこと請け合い。終わり方もあっさりしているほか、ウォーターゲート事件そのものを知らないと、相互関係が分かりにくい。

     アメリカの政治史上稀にみる大スキャンダルとなった、「ウォーターゲート事件」。その裏にあった1人の男の孤軍奮闘劇が、非常に荘厳な雰囲気の中で描かれていきます。
     政府や司法は勿論、同僚のFBIですらも信用出来ない四面楚歌の状況下で、副長官だったマーク・フェルトが取った、文字通り「最後の手段」。その決断もそうですが、心苦しい中で葛藤しながらも、決して己の信念を曲げずに戦い続けるその姿には、観ていて頭が下がるようです。
     展開そのものは非常に淡々と事実をなぞるように進むので、人によってはメチャメチャ眠くなってしまうかも知れません(笑)。サスペンス要素もほぼないので、ある種の現代史モノとしてご覧になるのをオススメします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/3/12


    つくづく、政治は策略だと思いますよね。
    情報を掌握したものが勝つ。スパイ合戦。賄賂合戦。

    FBIの立ち位置が良く理解出来るストーリーでも有ります。
    確かに、権力も平等に捜査出来る機関は必要ですよね。
    だからこそ、権力に寄らずに正義でないといけない。
    それが出来ないのであれば存在意義を失う。

    彼は正義だったのか。重厚な演技でLiam Neesonは魅せてくれます。



    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2018/2/28

    単館上映扱いなのが信じられないほど。有名俳優をふんだんに投入した名作です。特に悪役が凄い。むろん、主演のリーアムニーソンも、見事に高級官僚を演じていました。必見です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2018/2/26

    FBI副長官マーク・フェルトが、ニクソン大統領やその取り巻きから圧力や妨害を受けながら、ウォーターゲート事件をはじめとした、政権の不正をどう暴いていったかを描くドラマ。

    本人が認知症になってから、過去のことを話したため細部は想像で作られているとはいえ。
    心理描写が丁寧だし、展開はスリリングだし、映画としてストレートに面白かったですわ。

    ウォーターゲート事件はもちろん、背景にあるベトナム戦争と、ベトナム戦争の始まった経緯(アイゼンハワー→ジョンFケネディ→ジョンソン)に、ペンタゴン・ペーパーズ事件からの「ベトナム戦争から撤退を決めた」ニクソン人気などを知っているとより楽しめます。
    私は、調べて知ってる世代ながら、なるほどと思うシーン多数でした。

    さらにいえば、昔「大統領に屈せず、不正を追及したのがFBIだ」「どんな手も使う、内部告発者となっても」という事実を明示することで、今のトランプ政権に対する批判と対決姿勢を、ハリウッドが突きつけるために作られた作品だと思います。
    エンタメ的な面白さというより、政治の面白さ、という部分が大きいので、スコアは少し辛目。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/2/24

    ウォーターゲート事件を内部告発したマーク・フェルトFBI副長官が主人公です。
    リチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込みました。
    1972年6月17日に起きたウォーターゲート事件自体は、有名ですが、
    古く、未解明なのですっきりとしないストーリーだと思います。

    特に、政治に興味がある無しにかかわらず、若い人達には理解できないでしょう。
    若い人達には、「シチズンフォー スノーデンの暴露」や「スノーデン」
    のほうが親しみやすいと思います。

    1972年4月11日から始まり、1973年6月22日にマーク・フェルトFBI副長官が
    退官するまでを描いている映画です。
    日本で起きたロッキード事件よりも前で、ベトナム戦争時代の頃の話です。
    理解したい人は、「J・エドガー」、「JFK」、「ザ・ホークス
    ハワード・ヒューズを売った男」、「ニクソン」、「大統領の陰謀」を
    事前に鑑賞し、理解する必要があります。

    映画を鑑賞しても理解できない点について、私見ですが説明します。
    ・なぜ、マーク・フェルトFBI副長官は、ウォーターゲート事件を内部告発したのか?
     リチャード・ニクソン大統領が、CIAを利用し、FBIがウォーターゲート事件
     の捜査を妨害したからです。
    ・なぜ、リチャード・ニクソン大統領は、FBIのウォーターゲート事件の捜査を妨害したのか?
     FBIだけが、リチャード・ニクソン米国大統領再選委員会という政治資金を捜査する
     ことができるからです。
    ・なぜ、リチャード・ニクソン米国大統領再選委員会という政治資金の捜査を妨害したかったのか?
     ウォーターゲート事件の実行犯達にリチャード・ニクソン米国大統領再選委員会から資金が
     支払われたからです。
     リチャード・ニクソン米国大統領がウォーターゲート事件に関与している証拠になるからです。
    ・なぜ、リチャード・ニクソン米国大統領は、CIAを利用して、FBIの捜査妨害をしたのか?
     リチャード・ニクソン米国大統領は、ウォーターゲート事件とは無関係というストーリーに
     したいからです。
    ・なぜ、リチャード・ニクソン米国大統領は、ウォーターゲート事件とは無関係というストーリー
     にしたいのか?
     ウォーターゲート事件で逮捕されたハワード・ハントがCIAの工作活動に関与していたからです。
    ・なぜ、CIAが、FBIの捜査妨害できるのか?
     CIAは、FBIがJFK暗殺に関与していると知っていたので、「ピッグス湾」
     という隠語使いFBIを脅すことができたからです。
    ・なぜ、リチャード・ニクソン米国大統領は、辞任したのか?
     リチャード・ニクソン米国大統領がウォーターゲート事件に関与しているという大統領執務室で録音
     した42本の録音テープを公開しないためです。

    日本も米国と同じような状況になってきているのが気がかりです。
    国民が知ることができない内閣官房報償費という資金があります。
    国民が知ることができない特定秘密保護法で守られた情報があります。
    国民が知ることができない略式起訴で守られる真実があります。
    そして、この映画でも権力者を守るために利用される司法取引が導入
    されようとしています。

    若者は、上記のようなことも理解することさえできず、期待することはできません。
    メディアは、総務大臣に放送法174条(業務停止)や電波法76条(電波停止)
    で、脅かされて、キャスターを降板されるなどしているので、期待することは
    できません。

    若者は、派遣労働者、契約社員、契約職員として利用され、
    年金は繰り下げられて、奴隷のように働かされるだけです。

    孔子曰く「目の前の権力に屈するのではなく、自分の命に従え」です。
    自分の命というのは、「たった一度の自分の人生」ということです。
    知識も経験もあり、人生の終盤に差し掛かったオジサンが内部告発する
    べきだと思いました。

    違反報告