フィフティ・シェイズ・フリード|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィフティ・シェイズ・フリード

2018年10月5日公開,105分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

若きCEOと女子大生の特異な恋愛模様を描いた小説「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章を映画化。クリスチャンの歪んだ愛の形を受け入れられず、彼の元を去ったアナ。しかし再び求め合った二人は、遂に結婚する。だが、命を脅かす事件に巻き込まれ……。監督は、前作「フィフティ・シェイズ・ダーカー」に引き続きジェームズ・フォーリー。出演は、「ブラック・スキャンダル」のダコタ・ジョンソン、「ルイの9番目の人生」のジェイミー・ドーナン、「エベレスト 若きクライマーの挑戦」のエリック・ジョンソン。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

フィフティ・シェイズ・フリード

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学生だったアナ(ダコタ・ジョンソン)は学生新聞の取材で、若くして巨万の富を手にしていたイケメンCEOのクリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と運命的な出会いを果たした。クリスチャンはアナとの秘密の関係をより深く縛ろうとしたが、その歪んだ愛の形を受け入れられないアナは、一旦は彼の元を去った。しかしその後も二人は求め合い、再び結ばれると、快楽以上の愛情を感じるようになっていった。そして、数々の困難を乗り越えながらも待望の新婚生活を迎えた二人だったが、過去のある出来事がきっかけで、命を脅かされるような事件に巻き込まれていく。その事件には、過去にアナが勤めていた出版社で彼女の上司だったジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)が関わっていた。それに立ち向かう二人は、最後の決断を下す。

作品データ

原題
FIFTY SHADES FREED
映倫区分
R15+
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
105分

[c] 2017 UNIVERSAL STUDIOS [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?