ここは退屈迎えに来て:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

2018年10月19日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『アズミ・ハルコは行方不明』などで知られる山内マリコの処女小説を、名匠・廣木隆一監督が映画化した青春群像ドラマ。とある地方都市を舞台に、高校時代のみんなの憧れの存在だった“椎名くん”を巡る女性たちの物語がつづられる。橋本愛、門脇麦、岸井ゆきのといった若手実力派女優が共演し、等身大のキャラクターを魅力的に演じる。

予告編・関連動画

ここは退屈迎えに来て

予告編

2018/7/5(木)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一度は東京へ出たものの、地元へ戻り、フリーライターをしている「私」は、取材終わりに高校時代に仲のよかったサツキと合流。かつてみんなの憧れの存在だった椎名に会いに行くことに。途中、ゲームセンターに立ち寄ると、たまたま帰省中だった同級生の新保と再会。近況を話しているうち、新保が椎名にいまの勤め先を紹介していたことを知る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
98分
製作会社
「ここは退屈迎えに来て」製作委員会(ソニー・ミュージックアーティスツ=バップ=アスミック・エース=カラーバード=北日本新聞社=ダブ)(制作プロダクション:ダブ/製作幹事:ソニー・ミュージックアーティスツ)

[c]2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.3 /5件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?