告白小説、その結末|MOVIE WALKER PRESS
MENU

告白小説、その結末

2018年6月23日公開,100分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロマン・ポランスキー監督がフランスの女性作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンのメタフィクション『デルフィーヌの友情』を映画化。スランプに陥った作家デルフィーヌの前に、熱狂的なファンだと称する女性エルが現れる。やがて、ふたりは共同生活を始めるが……。出演は「毛皮のヴィーナス」のエマニュエル・セニエ、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエヴァ・グリーン、「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」のヴァンサン・ペレーズ。脚本をポランスキーと「パーソナル・ショッパー」のオリヴィエ・アサイヤスが執筆。撮影は「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」のパヴェウ・エデルマン。音楽を「グランド・ブダペスト・ホテル」「シェイプ・オブ・ウォーター」のアレクサンドル・デスプラが手がける。

フォトギャラリー

告白小説、その結末 画像1
告白小説、その結末 画像2

予告編・関連動画

告白小説、その結末

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

心の病から自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、スランプに陥っている作家デルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)。そんな彼女の前に、熱狂的なファンだと称する聡明で美しい女性エル(エヴァ・グリーン)が現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられているデルフィーヌは、献身的に彼女を支えてくれ、本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。やがて、ふたりは共同生活を始めるが、時折ヒステリックになり不可解な言動を発するエルに、デルフィーヌは困惑する。はたしてエルは何者なのか、なぜデルフィーヌに接近してきたのか……。ある日、エルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようとするが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた……。

作品データ

原題
D’APRÉS UNE HISTOIRE VRAIE
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ
上映時間
100分

[c]2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2018/7/13

    主人公の小説家は、ネット時代の今の世の中では、あまりに無防備だし、そこに付け入る"ELLE"の態度。普通、怪しむでしょ。

    おいおい、それ、あぶねーよ! 大丈夫かよ!

    なんて思いながら迎えた終盤。

    ええーっ!! そういうことだったの?

    本編は、はっきり答を見せないまま、観客に解釈を委ねて終わります。

    言われて見れば、本編中盤あたりで、不可解なシーンが何箇所かあったけど、「そういうこと」だと仮定すると、説明がつくし。

    過去にもこの手のどんでん返しがある映画は、何本もあったけど、まさかこの話の展開で、この手が使われるとは、いや、”この手”だったのかどうかの解釈は、観客に任されているんだけれど、見事に不意を突かれました。

    そう言えば、狂気の女”ELLE”役のエヴァ・グリーンの演技、妙に分かり易かったような気がするけど、その演出も、終盤のどんでん返しを予告する布石だったのか? 

    本当にどんでん返しだったのかどうかの解釈は、観客に委ねられるエンディング、ではあったのですが・・

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/6/30

    エル、彼女の目的は一体…
    見ればみるほど、デルフィーヌの頭のトロさにイライラが募る。客観的に見ているから彼女の鈍感さに目が行ってしまうのか。主観的に見れば納得するのか。彼女がとてもベストセラー作家とは思えない。ベストセラー作家という肩書に甘えて生きる。スランプと言えば許される的な。
    E.グリーンのビー玉のような瞳が相手を惑わす。急にブチ切れたり、偽りな行動を冷静に見れば大分裏があると考えていいものだが、そこはデルフィーヌ、見極められない(笑)

    エルの魂胆は?彼女は名声やお金を得たかったということではないらしい。一見winwinかと思うが、デルフィーヌの一人勝ち、さらなる成功なんて、これこそ女のしたたかさ!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    2.0
    2018/6/27

    世の中には、相手を傷付けることでしか愛情表現ができない人がいるって聞いたことあるけど、〈彼女〉はまさにそういう類の人間。
    正常な人なら、あなたの大ファンだから伝記を書かせてって言うところを〈彼女〉は脅迫状を送ったりケガさせたり外界から隔離したり…とにかく異常。
    〈彼女〉を演じてる女優さんがいかにも危険な香りのする美人って感じで、怖いのに惹き込まれてしまう。

    もっとあっと驚く結末を期待してたんだけどなあ。
    いまいちでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/6/26

    コレは解釈が難しい・・
    急展開の後半はMiseryを彷彿させるサイコスリラー調。
    でも、それを匂わせる前から既にそう言う展開を思わせる音楽で、コレはむしろそう言う展開を期待しているように思える。
    それはどういうことか。
    この物語で正解を示してはいないのだけれど、仮説を立てる事は出来る。
    孤独の寂し多と、世評のプレッシャーから逃げ出し、新たな物語を描く為に生み出した空想の人物。
    もしかしたら、パートナーの彼は、彼女のそう言う創作活動の手法を知っていたのかもしれない。
    だから過剰に心配していたのかも。

    それにしても、Eva Greenは美しい女優になった。Kingdom of Heavenで初めてみた時には、ヒロインにしてはアクが強いと思ったけれど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告