レディ in ホワイト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レディ in ホワイト

2018年11月23日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「HiGH & LOW THE RED RAIN」の吉本実憂主演、苦労知らずの新人とエリート上司との闘いを描いた成長譚。名古屋のメーカーに就職した令嬢の彩花は、敬語が使えず、指示にも従わず、パワハラ体質の部署内で浮き、上司と衝突してしまう。監督は「スープ~生まれ変わりの物語~」の大塚祐吉。吉本実憂とは「罪の余白」でも組んでいる。名古屋の社長令嬢である主人公・彩花を吉本実憂が、パワハラ全開の上司を「おかあさんの木」やテレビドラマ『火花』などに出演する波岡一喜が演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名古屋に住む社長令嬢・彩花(吉本実憂)は、何不自由なく育ち、何事にも物怖じしない性格。就職活動で面接を受けても、上から目線で受け答えをしてしまう。白が好きな彼女はホワイト企業だからという理由で名古屋のメーカーに就職。企画部に配属されるが、そこは部下は上司に奴隷のようにひたすら従うパワハラ体質のところで、彩花はこれまでに味わったことのない屈辱に直面する。それでも敬語が使えないどころか指示に従わず、白スーツをキメてやってくる彼女は、部の実質的リーダーでカリスマプレゼンターである翔平(波岡一喜)と衝突してばかりだった。社内で厄介者と噂されるようになった彩花はついにクビを宣告され、時同じくして父の会社が倒産。そんな中、社運を賭けたコンペティションに翔平のかつての部下で因縁のライバルが現れる。苦難の中、彩花に女性ならではの企画が託される。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
98分

[c]テレビ大阪サービス [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/11/28

    【賛否両論チェック】
    賛:自分勝手なばかりだったヒロインが、パワハラ上司達との仕事を通して、少しずつ社会人として成長していく姿が印象的。
    否:ラストはかなり呆気ない印象が否めない。登場人物達もクセがありすぎて、なかなか感情移入出来ない。

     世間も常識も知らず、自分勝手に生きてきたセレブ名古屋嬢・彩花が、どこまでもゲスなパワハラ上司・将平の下でしごかれながら、少しずつ社会人として成長していく姿が、時に痛快に、そして時には切なく描かれていきます。
     ただ難点を言えば、ラストがちょっと呆気ないというか、
    「えっ、そういう感じに収まっちゃいますか・・・」
    という印象がしてしまうのも否めないところです。彩花や将平も含め、登場してくるキャラクターも一様に、クセというよりはアクが強い印象で、なかなか感情移入がしづらい部分でもあります。
     どちらかというと、肩ひじを張らずに主人公の奮闘を楽しみたい、そんな作品といえそうです。

    違反報告