母という名の女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

母という名の女

2018年6月16日公開,103分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

メキシコの新鋭ミシェル・フランコが母娘の確執を描き、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞したミステリー。姉のクララと2人で暮らすヴァレリアが妊娠したことをきっかけに、長い間、疎遠だった母アブリルが姉妹の前に戻って来るが……。主演は「ジュリエッタ」のエマ・スアレス。「ホーリー・モーターズ」のイヴ・カープが撮影を担当。

予告編・関連動画

母という名の女

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メキシコのリゾート地、バジャルタ。クララ(ホアナ・ラレキ)とヴァレリア(アナ・ヴァレリア・ベセリル)の姉妹は、海辺の家に2人で暮らしていた。17歳のヴァレリアが妊娠したため、姉のクララは離れて暮らす母、アブリル(エマ・スアレス)を電話で呼び寄せる。お腹の子の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年、マテオ(エンリケ・アリソン)だった。やって来たアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接する。アブリルに不信感を抱いていたヴァレリアも、その様子を見て徐々に信用し始める。やがて生まれたヴァレリアの娘は、“カレン”と名付けられるが、ヴァレリアに代わってカレンの世話をするうち、アブリルは独占欲を芽生えさせてゆく。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに、反発を強めるヴァレリア。娘との関係が悪化する中、ついにアブリルは、深い欲望を忠実に遂行する……。

作品データ

原題
LAS HIJAS DE ABRIL
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
メキシコ
配給
彩プロ
上映時間
103分

[c]Lucia Films S. de R.L de C.V. 2017 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2018/7/3

    母と娘って難しい。難しいけど、この母親は、そんなモンじゃない。

    とても自然に現れ、理解のある優しい母親のように振舞う。あっという間に当たり前のように溶け込み、そして、奪う。
    最初父親の警戒の仕方を不自然に感じたけれど、それは、それに相応しい危険が嘗て有ったからかもしれない。

    そして、長女らしい従順で堅実な姉。両親と連絡を取り、妹の面倒を見、仕事をし。多分不平不満が有っても上手に吐き出せない。色々諦めている。
    でもそれが母親に狙われない唯一の方法かも。

    前触れも無く、突然の行動、発言。え?と思う間もなくとんでもない次の行動へ。
    母親じゃない。一人の女?それにしたって・・・

    それと、マテオ、君は情けないよ。17歳って、そんなモノか‥

    凄く幼稚で卑劣。ここまでの残酷な仕打ち、見事だ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/6/23

    女って怖い。
    異性だけではなく同性から見てもそう思う。

    母親しかり、娘しかり。
    ぶっちゃけ一言でいえば同じ穴の狢。10代で相手も同年齢で出産かい。まっとうな親になれる?大抵親の援助や別れてしまってシングル子育て。
    大人になっていない、世間も知らない子供が親になってしまうのは無理。子供を持ったからと言え精神が成長するなんて、言うは易く行うは難し。

    アブリルの手の平返した行動に戸惑う。彼女の欲の暴走。察して経済的余裕があるし、そこそこの外見だから自分に自信を持っている。娘と張り合っている。
    第三的に見ればそれは憐れみというか痛いんだよな。赤子を切り札とするのもずるい。

    娘のラストの行動は正しいのか。突発的行動は良い結果を生まない。監督はあえてこの話の結末を観客に考えさせている。

    違反報告