ニセコイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニセコイ

2018年12月21日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した古味直志原作の同名コミックを中島健人&中条あやみ主演で映画化した青春ラブ・コメディ。抗争を鎮めるために偽物の恋人(=ニセコイ)を演じることになった極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘の波乱万丈な恋の行方が描かれる。DAIGO演じるギャングの幹部などユニークなキャラクターが続々登場する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

極道「集英組」の一人息子で勉強一筋のマジメな高校生・楽はある日、金髪&ハーフの千棘と運命的な出会いを果たす。実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘だった。それぞれの親の組織は抗争寸前で、大事に至らないために、性格真逆で相性最悪の2人は強制的に恋人のフリをさせられることになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
117分

[c]2018映画『ニセコイ』製作委員会 [c]古味直志/集英社 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    May

    4.0
    2020/9/2

    漫画やアニメを見ていなかったので実写をいい機会だったので見に行きました。
    個人的には面白かったです。ストーリーも知らなかったので面白いと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/1/20

    【賛否両論チェック】
    賛:犬猿の仲だった主人公とヒロインが、嫌々苦楽を共にしていくうちに、次第にお互いの本当の姿を知って惹かれていく様子が、定番ではありつつも心温まる。周囲の人間関係をも巻き込んで、熱い友情が育まれていくのも印象的。
    否:設定や展開はかなり荒唐無稽で、現実味は全くない。CGを駆使したケレン味たっぷりの演出も、好き嫌いは分かれそう。

     始めは嫌々恋人のふりをしていた2人が、お互いの本当の強さや優しさを知っていくうちに、次第に少しずつ心惹かれていく姿は、勿論定番ではありますがやっぱりステキです。良くも悪くも現実感ゼロの設定と展開なので、何も考えずに観ていて胸キュンしたり、ニヤニヤしたり出来てしまいます(笑)。劇中劇が「ロミオとジュリエット」なのもイイですね。
     そしてそんなラブコメディ要素だけではなく、ヤクザやギャングの子供であるが故に、独りぼっちだった者同士、楽と千棘がお互いを理解していく様や、小咲や万里といった恋敵同士の友情にも、思わず心が温かくなります。
     そもそものストーリーや、CGを駆使した演出等に、好き嫌いはハッキリ分かれそうな作品ではありますが、特に中高生のデートにはピッタリの作品かも知れません。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2018/12/19

    ヤクザの息子とギャングの娘が、双方の抗争を防ぐために偽物の恋人のフリをするハチャメチャなラブコメ!!
    でも中島健人も中条あやみもかわいいから、許しちゃうって⁉

    高校生のラブコメは、なんだこいつって思ってても、それが…………………よくある話!!
    でもな~んか楽しめて、な~んか泣けた。

    違反報告