フォルトゥナの瞳|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フォルトゥナの瞳

2019年2月15日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『永遠の0』の百田尚樹による同名小説を、神木隆之介主演で映画化したせつないラブストーリー。“死を目前にした人間が透けて見える”不思議な力(=フォルトゥナの瞳)を手に入れてしまった青年が、恋人の運命を知り苦悩する姿が描かれる。『3月のライオン』などでも神木と共演した有村架純がヒロインの葵を演じる。

予告編・関連動画

フォルトゥナの瞳

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃に飛行機事故で家族を失い、友人も恋人も作らず、仕事のみに生きる慎一郎はある日、“死を目前にした人間が透けて見える能力”を持っていることに気付き、苦悩する。しかし、偶然入った携帯ショップで出会った葵にひかれ、生活は一変する。ところが突然、街ゆく人々が次々と透け始め、ついには葵の“死の運命”も知ってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
111分

[c]2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    はむたろさん

    3.3
    1ヶ月前

    終わり方がいかにも日本映画という悲しさ。
    運命には抗えない切なさにウルッときた。
    主人公に癖がなくて見やすかった
    可もなく不可もなく

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/4/1

    【賛否両論チェック】
    賛:影を抱えた主人公が、「フォルトゥナの瞳」に自身の存在意義を投影していく様や、そんな彼に寄り添い生きようとするヒロインとの切なすぎる愛の結末に、思わず涙してしまう。意外性のあるラストもステキ。
    否:ストーリーがかなり都合よく進んでいくのは、やはりご愛嬌か。

     飛行機事故で自分だけが助かり、そのことにある種の後ろめたさを抱えながら生きてきた主人公・慎一郎。そんな彼が「死が迫った人間が透けて見える」という自身の瞳に意義を見出し、自らを犠牲にして誰かの命を助けようと奔走する姿が、勇ましくもあり、痛々しくもあり、哀しくもあります。
     そんな慎一郎の優しい心に触れ、共に生きることを決めた、有村架純さん演じるヒロイン・葵の人となりも、また物語の切なさを際立たせています。彼女が慎一郎に告げる、
    「幸せになるために、あなたは生き残ったの。」
    という言葉には、思わずウルっと来てしまいました。
     そして何といっても、彼らを待つ切なすぎる運命の結末には、意外性の中にも一縷のぬくもりや希望が感じられるようで、感動させられます。逆に言うとそれがまた切なすぎる訳なんですが、あまり言うとネタバレになってしまいますので、詳しくは是非実際にご覧になっていただきたいです。
     ONE OK ROCKの主題歌も見事にマッチしているステキな作品ですので、デートは勿論、感動したい映画を観たい時には、是非オススメです。

    違反報告