タリーと私の秘密の時間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タリーと私の秘密の時間

2018年8月17日公開,95分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』でもコンビを組んだシャーリーズ・セロンを主演に描く人間ドラマ。家事などの悩みを解決するために雇った夜間専門のベビーシッターとのふれあいによって、再生していく主婦の物語。必ず夜明け前に姿を消す謎多きベビーシッターを演じるのはマッケンジー・デーヴィス。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

タリーと私の秘密の時間

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

3人目の子供の出産を控え、マーロは大忙しの毎日を送っている。やがて、無事に女の子を出産するも、家事は膨大に増え、遂に兄から勧められていた夜間のベビーシッターを頼むことに。やってきたタリーは今どきの女の子で最初こそ不安だったが、夜明け前には帰ってしまう彼女の仕事ぶりは完璧で、悩み事を相談するなど、2人は友情を育んでいく。

作品データ

原題
TULLY
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
95分

[c]2017 TULLY PRODUCTIONS. LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2018/9/3

    【賛否両論チェック】
    賛:子育てに疲れたマーロと、そんな彼女の支えとなるタリーとの、不思議でありつつも温かい関係性に、観ていて心が救われるよう。意外性のあるラストも魅力的。
    否:冷静に考えると、ストーリーのツッコみどころは多く、好き嫌いは分かれそう。

     子育てに追われ、女性としての生き甲斐や人生の謳歌も出来ず、精神的に不安定だったヒロイン・マーロ。そこへ追い打ちをかけるように、夫の非協力やジョナの問題、三児・ミアの出産と続き、本来慈しむべき家族に愛を注ぎきれなくなってしまった彼女が出逢った、イマドキ女子のナイトシッター・タリー。そんな2人のちょっと不思議な関係性が、マーロの荒んだ心を癒していく様が、温かく描かれていくのが印象的です。
     ただ、そうしたヒューマンドラマで終わらないのが、この作品のステキなところ。詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、最後に迎える結末には、ちょっぴり切なさも残ります。でも意外性はかなりあって、ステキでした。
     子育てにお疲れ気味のお母さんは勿論、今を頑張る全ての人にオススメの作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/9/2

    スタイル抜群の美しいC.セロンがまたしても体重を変動し疲れ切った、日頃のうっぷんがMAXな女性を演じている。 TOP女優でそこまでできる人、いる?

    女性の人生、結婚で枝分かれ、子供を授かって枝分かれ、付き合いも変わっていくでしょ?実際。

    自分の中にフェロモンある女性を残すも残さないも自分自身?四六時中子供の世話、旦那のサポートなし、年齢が言い訳?やりたいことはたくさんあるのにといつか吹き出しそうだ。

    そんなの一切ない、効率とか向上心高い女性もいるけれど、この映画では論外。タリーが来たことに、ちょっとだけプラスが。自分の時間とか、美味しい手料理を作るとか。ちょっとサポートがあるだけで心に余裕ができて、小さな幸せが芽生えるならな。

    なんか日本のCM漫画で手作りじゃなくたっていいじゃないとかいう映像があるが、あれは違うんじゃない?毎日出来あい、週末はフードコードでしょう。よく見かけるもんねぇ。子供手当がこんなのに使われるわけ?

    このタリーは幻影だけれど、マーロに少し楽な生き方を教えてくれた。だって自身だもん。もう少し似ている女優だったらよかったなぁ

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/9/1

    これから結婚、出産する人は、覚悟を持って観て欲しいわ。
    特に旦那の方に。

    奥さんが妊娠したら、子どもは勝手に生まれて来る訳じゃなくて、そして、産み終った奥さんは、産み終ったら元に戻る訳じゃない。
    肉体的にも精神的にも、時間を掛けて戻していくの。
    産後の経過とか、体型とか、夜中の様子とか、汚れとか、しんどい頃思い出して、もうやめて~~!!って思った。
    あの搾乳の日々。放って置いたら胸はカチカチになって熱を持ち、触れたら悲鳴あげるくらい痛いし、所構わず溢れ出してくる。
    あの日々をこんなにリアルに描いた作品珍しいんじゃないかな。
    そして、コッチはヘロヘロなのに、仕事をしているからとお構いなしに日常を崩さない旦那。ゲームする暇あったら奥様気遣え!って蹴飛ばしたくなるけど、アレが現実よね。

    だけど、ここで使えるか使えないかが、その後の夫婦関係を大きく左右するのよ。
    数年後、数十年後に、醒めた家庭内別居状態とか避けたいなら、せめて気遣う言葉や惣菜買って来るとか出来る事しておいた方が良いのよ。
    眠る前の僅かな時間でも、育児代わって奥様寝かしてあげるとかね。

    本当に、誰か助けてあげて‥って思う。そして誰にも頼れないマーロは、若くて自由だったころの自分に救いを求めたのね。

    凄く凄くリアルだった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2018/8/31

    最後はちょっとしたスリラーになってしまったけれども。

    とにかく2点。

    シャーリーズ・セロンが「妊娠中の鬱」「産後の過食と運動不足で体重+18kg」「ヘルパーが来てから明るくなった母」の3つの状態を演じていて、女優ってここまで変われるんだ凄い!と驚嘆したことと。

    シナリオ上のこととはいえ。
    ワンオペで母親が3人の子供を育て、1人は発達障害ASDで、1人は生後間もない乳幼児という地獄。みるみる精神は衰弱し、外見は醜く崩れ、家の中の掃除一つしてない状況で…
    なのに、旦那はSEで収入が低く、ヘルパー一人雇えない甲斐性なし。
    ならば少しは子育てを一緒にやれよと。
    家にいても家事も一切手伝わず、ベッドでイヤホンつけてずっとゾンビを倒すゲームしかやってない。
    そんなくされ外道な父親の姿に「F●CK」と心の中で叫び続けてしまいました。

    子育てする女性みんなに「そんなに頑張らなくていいから」「家族全員で子育てはした方がいい」と声を掛けたくなりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2018/8/18

     ジェイソン・ライトマン監督の新作「タリーと私の秘密の時間」は、育児を頑張っている、また、これから育児を経験しようとしている女性たちに伝えたいメッセージ性の強い作品でした。

     3人の育児と「良いママ」のプレッシャーと生活を守るという主婦の立場の板挟みの中で、徐々に精神が混乱していく主人公の女性マーロを演じるのは、オスカ女優シャーリーズ・セロン!
     今回もオスカー級の演技と肉体改造で、今期のアカデミー賞でもノミネートがあるかもしれません。

     夢いていた夫、子供との幸せな家庭(未来)・・・
     現実の家庭状況とのギャップ(今)・・・

     そんな、口に出せない想いを今作はリアルに描き、ミステリアスなタリーの正体がわかった時、誰もが皆、忘れてはいけない大事な「あの頃」を、忙しい現在の生活の中で忘れてしまっていることに気づかされます。

     かなり好きな作品でしたが、ただひとつ、タリーの正体がわかった後の結末があまりにも平凡だったことが「う~ん」といった感じで、★ひとつ減です・・・
     

    違反報告