ソローキンの見た桜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ソローキンの見た桜

2019年3月22日公開
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日露戦争時にロシア兵捕虜収容所があった愛媛県松山を舞台に、日本人看護師とロシア将校との愛と、その子孫の女性という、2つの時代で繰り広げられる物語を描く人間ドラマ。『孤狼の血』の阿部純子が、日露戦争時代の看護師と現代パートでのTVディレクターという一人二役を演じる。監督は『太陽』でメイキング監督を務めた井上雅貴。

フォトギャラリー

ソローキンの見た桜 画像1
ソローキンの見た桜 画像2
ソローキンの見た桜 画像3

予告編・関連動画

ソローキンの見た桜

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

駆け出しのTVディレクターの桜子は、先輩の指示でロシア人墓地の取材を皮切りにロシアへ行くことになるが、興味を持てずにいた。ところが、祖母・菊枝から自身のルーツがロシアにあることを知らされる。先祖のゆいの日記を紐解いていくうちに、看護師だったゆいとロシア兵にまつわる衝撃の事実を知ることになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
KADOKAWA=平成プロジェクト

[c]2019「ソローキンの見た桜」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/4/26

    日露の男女それぞれの日記から、読み解いてわかった昔の話。
    いろいろ都合良すぎる展開はある。
    特に、憎んでいたところから、お互いに好きになる過程がかなりすっ飛ばし気味で、なんで突然?と思いもし。

    しかしながら、恋が物語の軸ではなく、戦争がもたらす別れの悲しさや、先祖たちがいて今があるといった家族の歴史への想いが中心なので、これでいいのかな、と。

    現代風の顔立ちな美女とイケメンに、この時代にこんなタイプいないよ!と、いう点の方が気にかかってしまった。
    そんな中で、イッセー尾形の顔の説得力が素晴らしい。

    違反報告