ヴィクトリア女王 最期の秘密|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヴィクトリア女王 最期の秘密

2019年1月25日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヴィクトリア女王と英領インドの青年の知られざる実話を映画化。女王の即位50周年記念式典で記念金貨を献上するため英国にやってきたインドの若者アブドゥル。最愛の夫と従僕を亡くし塞いでいた女王は、王室のしきたりにとらわれないアブドゥルに心を開く。出演は、「クイーン・ヴィクトリア 至上の恋」のジュディ・デンチ、「きっと、うまくいく」のアリ・ファザル。監督は、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のスティーヴン・フリアーズ。脚本は、「リトル・ダンサー」のリー・ホール。第90回アカデミー賞衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞ノミネート。

予告編・関連動画

ヴィクトリア女王 最期の秘密

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インドが英領となって29年目の1887年、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の即位50周年記念式典で記念金貨“モハール”を献上する役目に任命されたアグラに住む若者アブドゥル・カリム(アリ・ファザール)は、もう一人の献上役モハメド(アディール・アクタル)と共にイギリスへ渡る。18歳で即位してから長年女王の座に君臨してきたヴィクトリアは、最愛の夫と従僕を亡くし心を閉ざしていた。細かく決められたスケジュールをこなし、思惑が飛び交う宮廷生活に心休まらない日々を送るなか、金貨を献上しに現れたアブドゥルの、物怖じせず本音で語りかけてくる態度に心を奪われる。彼を気に入ったヴィクトリアは、式典の期間中、彼を従僕にする。ヴィクトリアはインド皇帝でもありながら現地に行ったことがないため、アブドゥルから言葉や文化を教えてもらい、魅了されていく。次第に二人の間には身分も年齢も越えて強い絆が生まれるが、周囲の猛反対に遭い、やがて英国王室を揺るがす大騒動を巻き起こす……。

作品データ

原題
VICTORIA & ABDUL
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
ビターズ・エンド=パルコ
上映時間
112分

[c]2017 FOCUS FEATURES LLC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2019/2/19

    ジュディ・デンチに始まりジュディ・デンチで終わる映画。130分と比較的長尺物だが、ジュディ・デンチが出ている場面が多く、彼女の英語がとても聞き取りやすいお蔭もあり集中が途切れない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/1/28

    Abdul Karimの日記が見つかり、発覚した実際の出来事・・と言う事です。
    まぁ、その日記だけで判断したのではないでしょうけど。
    都合良く解釈された物語に、歴史が改ざんされて記憶される・・と言う事態を見聞きしているので、色々な側面から見て検証した末の実話との定義と信じたいです。

    それは兎も角、映画は素晴らしい。王女の起床、着替えシーンから、傲慢で、老齢で、辟易している姿から一転、インド人青年と連れ立って歩く姿の愛らしい事。
    そして、とても「女」なのだなぁ。老いを凄く美しく可愛らしく感じた。
    流石、Judi Dench。
    宮殿や、衣装や、しきたり。凄くリアルで見応え有る。

    生きて行くのに、好奇心は無くしちゃいけない・・と思わされました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告