モアナ 南海の歓喜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モアナ 南海の歓喜

2018年9月15日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「極北の怪異」“Nanook of the North”の製作者たる英国地誌学会々員ロバート・フラハティ氏とその妻フランセス・ハバード・フラティー女史とが共同で監督、ニュージーランドの委任統治区域たる英領サモア島に於いて、原住民の生活をカメラに収めた実録サイレント映画「モアナ」のサウンド版。「モアナ」製作から50年以上の時を経て同作に音声を加えるため娘モニカ・フラハティが同島を再訪し、「モアナ」に出演した現地住民のの協力を得て、1980年に完成した。2014年にサウンド版のデジタル復元版が完成。日本では第18回東京フィルメックスにて上映(映画祭タイトル「モアナ(サウンド版)」)後、2018年9月15日より劇場公開。

予告編・関連動画

モアナ 南海の歓喜

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南洋サモア島のサフネ村に住むルペンガ一家には、モアナとペアという二人の息子がいる。ペアはまだ子供だがモアナは立派な若者であり、ファアンガセという村一番の娘と婚約している。彼等はタロイモを常食とし、今日しも芋採りにいったルペンガ一家は、野獣の通る道に罠を用意。間もなく罠には野猪がかかり、モアナ親子は生け捕りにして帰る。また、珊瑚礁の岸に押し寄せる波間にいる魚や貝、海草、蟹や海老を採集しに独木舟を出すことも。家では母親が桑の木の皮を叩き延ばして布を作り、日檀の実の殻のコップやタロイモの葉に入れて焼いたり煮たりしている。結婚前の塗油式を行って婚約者同士の踊りをするモアナとファンガセ。そしてモアナは成人式の刺青をしてもらい、いよいよ結婚式を挙げる準備がととのう。

作品データ

原題
MOANA WITH SOUND
製作年
1980年
製作国
アメリカ
配給
グループ現代
上映時間
98分

[c]2014 Bruce Posner-Sami van Ingen. Moana [c] 1980 Monica Flaherty-Sami van Ingen. Moana [c] [p]1926 Famous Players-Laski Corp. Renewed 1953 Paramount Pictures Corp. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?