ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

2018年12月28日公開,84分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1970年代に“パンク・ファッション”を流行らせ、以来、時代の先端を走り続けるファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。多くの女優たちがアカデミー賞の授賞式で彼女のドレスを身にまとうなど絶大な支持を受け、エリザベス女王からは“デイム”の称号を授けられるなど、彼女のエネルギッシュな生き様に迫るドキュメンタリー。

予告編・関連動画

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生涯現役を誓う英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。1970年代にパンク・ファッションで脚光を浴び、以降、19世紀以前のヨーロッパからインスパイアされたエレガントな路線に変更すると大成功。大企業の傘下に入ることなく、世界数十か国、100店舗以上を展開する独立ブランドのトップで現役デザイナーである彼女にカメラは迫っていく。

作品データ

原題
WESTWOOD: PUNK, ICON, ACTIVIST
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA
上映時間
84分

[c]Dogwoof [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/1/29

    現在御年77歳!彼女にはファッションにおいて年齢は関係なし。(老眼を除いて)

    ラストシーンのランウェイを見よ、全身からエネルギッシュでパンクの女王と呼ばれて何年?落ち度がない。

    衣類以外にも小物やら多くの商品を提供しているが、彼女の個性がきちんと入っている。私生活ははーん、現在の伴侶、若っ!別に悪くないし彼のサポートが彼女の大きな支えとなっているならね。ただ、デザインや製品について彼があれこれ言っているのはNGでしょう?彼女にインスパイアされて皆、商品を購入しているのだから。ファッションや芸術の業界ってこういうことある。

    伝統あるハイブランドでさえ、デザイナーが幾人も交代したり、存続の危機、傘化に入ったりってことが多いが、英国を代表するブランド、衰え知らす、何よりです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/1/8

    凄い、パンクだわ。
    アメリカンドリームに早々と見切りをつける強さが羨ましい。
    時々かなり過激だったりもするけれど、作品は凄く興味深いの。格好良いのよ。

    SEX PISTOLS のプロデュースをした人なのか‥過激な訳だ。嫌いじゃない。

    足を引っ張る男が居ても、経済的に困窮していても、歩みを止めなかったんだな。
    自分の才能を確信していたのかな。

    そして政治や環境問題に切り込んでいく。頼もしい。老いて尚格好良い人だわ♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2019/1/3

    今や世界が認めるブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッドだけど、辛い時期や紆余曲折があったんだっていうのがよく解った。
    ヴィヴィアンはデザイナーというよりも、表現者という感じ。彼女にとっての自己表現のひとつがファッションで、それに共鳴した人たちが集まって来てブランドになったって感じなんだなあ。
    自他共に認める才能に溢れた人で、しかも他人の何倍も努力して働いて、そして芯が強くて。本当に憧れの女性ですね。

    違反報告