ザ・アウトロー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・アウトロー

2018年10月20日公開,140分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェラルド・バトラー主演のクライムアクション。犯罪多発都市ロサンゼルスで、ワイルドな部下を率いて銀行強盗に立ち向かう刑事のニックは、伝説の強盗、メリーメン一味が巨大な銀行強盗を計画していることを知る。やがて、一味との対決の時が訪れるが……。共演は「サウスポー」のカーティス・“50 Cent”・ジャクソン、「スカイスクレイパー」のパブロ・シュレイバー。「エンド・オブ・キングダム」の脚本家クリスチャン・グーデガストの監督デビュー作。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

48分に1回、銀行強盗が発生する世界屈指の犯罪都市ロサンゼルス。ワイルドな部下を率いて、銀行強盗に立ち向かう刑事のニック(ジェラルド・バトラー)は、伝説の強盗、メリーメン一味が企てる3000万ドルを狙った巨大銀行強盗計画の存在を知る。綿密な計画を立てるメリーメン一味と、彼らを追い詰めてゆくニック。次第に緊張が高まる中、両者の対決の時が刻一刻と近づく……。

作品データ

原題
DEN OF THIEVES
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
プレシディオ
上映時間
140分

[c] Motion Picture Artwork [c] 2017 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/11/10

    【賛否両論チェック】
    賛:追う刑事と狙う強盗団。2つの視点から楽しむことが出来る、重厚なストーリーが印象的。意外性のあるラストも、サスペンス好きには嬉しい。
    否:展開がかなり複雑なので、観ていてかなり頭を使いそう。よく分からないと痛快さが感じられない。

     片や、治安を守るために悪には容赦ない重犯罪特捜班のニック。そして片や、名うての強盗団のメリーメン。1つの映画として二者の視点を楽しむことが出来るのは、それだけで重厚さを感じさせる内容です。やがてそれぞれがそれぞれの大義の下に、その運命を交錯させていく様は、観ていて思わずハラハラさせられてしまいます。
     ただ難点としては、メリーメンの計画がかなり複雑なのに、観ている側にはほとんど説明してくれないこと。なので、
    「えっと・・・ここがこうなって、結局・・・こういうこと?」
    と、勝手に頭の中で考えるしかないので、あまり痛快感がないかも知れません。
     とは言うものの、クライマックスの銃撃戦からの驚きのラストは圧巻です。最後に笑うのは果たして誰なのか。サスペンス好きは必見の作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/11/1

    元海兵隊で、とても冷静で緻密で一般人に危害を加えない銀行強盗団メリーメンに肩入れしたくなる位、Gerard Butlerが演じるニックに魅力が無い。
    ワイルドなのはまぁ良いとして。家族とのあり方とか、部下から信頼されている所以とか、見えて来ないし。
    最後に労うFBIの天敵の方が良い人に思えてくる。

    あんなことしたら、嘘の情報掴まされる・・って容易に想像できるじゃない?甘いでしょ?
    色々な所が後手後手で、最後の最後まで裏をかかれて、メリーメンの潔さが際立っている。
    ・・とは言え、悪人とも言い切れないメリーメンたちがどうして銀行強盗をしているのかも、分からないけど。
    うん。不服だわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/10/20

    原題は、「Den of Thieves(強盗の巣窟)」で映画の内容を
    表している良いタイトルです。
    邦題は、「ザ・アウトロー」で曖昧な感じがします。

    神経を集中して観る映画です。
    伏線はきっちり回収されるので、すっきりします。
    しかし、集中力が切れるとストーリーに付いていけず、
    分からなくなってしまいます。
    米国での興行成績が良く、続編も決定しています。

    銃撃戦が激しいので、銃撃シーンが苦手な人には
    向いていません。

    「オーシャンズ」のような映画を期待して鑑賞しても
    期待外れになります。

    「ヒート」や「ザ・タウン」が好きな人には向いています。
    私も、その一人です。

    舞台はロサンゼルスですが、一般的にイメージする
    「ビバリーヒルズ」、「ハリウッド」や「シリコンバレー」
    という華やかな場所ではありません。

    日本人には馴染みのない「エルセグンド」、「トーランス」、
    「ガーデナ」、「ホーソーン」、「パロスベルデス」、
    「ロングビーチ」、「レイクウッド」が舞台です。
    事前にこれらの場所を確認しておくと、ストーリーに付いて
    行きやすいです。

    登場する強盗達は、計画性が高く、戦闘力も高く、
    楽しませてくれます。
    強盗を追跡する警察も、戦闘力も高く、機敏に行動し、
    楽しませてくれます。

    最初と最後に派手な銃撃シーンがあり、中間は頭脳戦、心理戦です。
    集中力を維持できれば、この構成を理解し、楽しむことができます。
    先の展開を読もうとすると、伏線を見逃し、楽しめない可能性が
    高いです。

    小さな銀行強盗ではないので、期待して良いです。

    大きな目標を掲げて、命を懸ける姿に共感できなければ、
    男ではないという映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2018/10/20

    何の前情報も入れずに鑑賞。
    ありふれた邦題から、むさ苦しい男達のドンパチ映画か…ぐらいに思っていた。
    それは、いい意味で裏切られた。
    ドンパチ描写は少なめというか、冒頭とクライマックスだけ。しかもその迫力たるや凄まじい。
    来るべき決闘に備えて刑事チーム、強盗団双方が用意周到に準備をしていく過程などは、まさに『OK牧場の決斗』かというぐらいの西部劇。
    法を守る側である、G・バトラー扮するニックの家庭が崩壊しているのに対し、強盗側の50セント演じるエンソンが円満な家庭を築いている(と単純には言えないけど)という対比構造も分かりやすい。
    ケイパー物ならではの、計画遂行に至るまでの丹念なプロセスも、観てて手に汗握る。
    ラストのドンデン返しは賛否分かれそうだけど、まぁこれはこれで。

    続編製作も視野に入ってるらしいが、どうなるのだろうか。
    全く想像つかないものの、ニック率いるむさ苦しくも堅実なチームワークぶりを再び観てみたい気もする。

    何にせよ、安直な邦題で損をしていると言わざるを得ないほど、拾い物要素が高い作品。

    違反報告