映画 賭ケグルイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画 賭ケグルイ

2019年5月3日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

TVアニメやドラマにもなった河村ほむらの人気コミックが原作の異色学園サスペンスの劇場版。“ギャンブルの強さ”がすべてを決める学園を舞台に、学園を支配する生徒会とそれに立ち向かう生粋のギャンブラーであるヒロインとの対決を描く。TVシリーズに引き続き、浜辺美波が最強のギャンブラー、蛇喰夢子を演じるほか、オリジナルキャラクターも登場する。

予告編・関連動画

映画 賭ケグルイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2年生の夢子と生徒会長・綺羅莉との対決への期待が高まるなか、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団ヴィレッジが生徒会と対立する。ヴィレッジ解体並びに夢子潰しを企む生徒会は2人1組による全校生徒強制参加のギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。夢子は小心者で同級生の鈴井とゲームに参戦する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
119分

[c]2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Foxy

    5.0
    2021/5/25

    単なる学園ものと思いきや!オモロかった!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    May

    5.0
    2020/9/2

    漫画は一切見たことがなくこの機会に見に行きました。めっちゃ面白かったです笑
    ストーリー性も面白く最後が読めませんでした。まさかあんなことになるなんて。という感じでした。まだ売れていない俳優さんや女優さんがいて知るきっかけにもなりました。キャラクターの推理もすごく、賭けていくことで登り詰める姿は圧倒されます。面白い作品でした。
    あと、浜辺美波かわいいー

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    ギャンブルを小道具に使う映画は面白いものも多いのですが、偶然によって主人公が勝つストーリーだと、観ている側は釈然としないものです。

    が、この映画は、勝負がテーマなのに、用意されている「オリジナルなギャンブル」のルールには、囲碁将棋同様で、偶然が介入する余地がまったくありません。
    登場人物一人一人の心理を観客も一体となって窺いあう点など、まったく一寸先も読めない見事なシナリオだったと思います。

    出演者が、これまたクセモノ揃い。
    浜辺美波、松田るか、福原遥、森川葵、伊藤万理華と、女優さんたちが全員、揃いも揃って凄い演技をしているこの映画。

    みんなの表情の豊かなこと、美しいこと、恐ろしいこと、こりゃまたいったいどうですか。

    15年ほど前に、「キルビルvol.1」で若き栗山千明の演技を見た時に私が感じた衝撃を、浜辺美波ほか数人がいともやすやすと演じてしまえる凄さ。

    こういう表情を平気で作れる人たちが日本にも続々と出現してきたことに、敬服するばかりです。

    舞台が「カメラを止めるな」のロケ地で、あの映画のイメージがオーバーラップしちゃうのが、唯一の欠点っちゃ欠点なんですけどね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/5/30

    【賛否両論チェック】
    賛:予備知識は、最悪無くても大丈夫そう。先の読めないギャンブルバトルの行方に、思わずハラハラさせられる。ヒロインのキャラクターも痛快。
    否:設定や展開は荒唐無稽すぎて、ツッコみどころも多すぎる印象。

     一応冒頭で簡単に説明はしてくれるので、前知識は最悪無くても楽しめそうですが、今回は少ししか出てこない登場人物なんかも多いので、やはりドラマ版はチェックしておいた方がイイかも知れません。
     ギャンブルが全てを決める学園にあって、それを牛耳る生徒会に対し、臆することなく戦いを挑んでいくヒロイン・蛇喰夢子。その天真爛漫な言動とは裏腹に、勝負となると大胆かつしたたかな策略で全てを出し抜いていくその姿は、痛快を通り越して怖いくらいです(笑)。
     そしてそんな夢子の戦いに、第3の勢力として現れたヴィレッジがどう絡んでいくのか、その存在からも目が離せません。夢子や芽亜里、木渡も入り乱れ、戦い続ける彼ら・彼女達の勇姿には、思わずグッとくる人も多いはず。
    「自分の人生は、自分だけのもの。」
    という夢子の言葉が、胸に染みました。
     果たして最後に笑うのは誰なのか。ツッコみどころはあるけれど、どんでん返しの連続に最後までハラハラさせられる、そんな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/5/3

    好きな作品だけに、感情移入して泣いた。
    何故泣いたかはネタバレになるので、ヒミツ!

    違反報告