PlayRoom|MOVIE WALKER PRESS
MENU

PlayRoom

2018年12月8日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女優・現役ストリッパーの若林美保主演で5人の監督によるオムニバス映画。「あっちゃん」のナリオがバンド・イギリス人の同名曲を映画化した「などわ」、「砂山」の松蔭浩之によるSF「LION」、「ハリヨの夏」の中村真夕による「クローンハート」など。他に監督は、「マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画」の佐々木誠、「モダン・ラブ」の福島拓哉。出演は、「パンク侍、斬られて候」の渋川清彦、「蛇女」の佐伯日菜子、「貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より」の草野康太。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「などわ」売れないバンドマンのキーとOLのリコは、数年の同棲を経ていよいよ結婚することに。しかし、無職で金髪のキーは、リコの父親への挨拶が憂鬱だった。果たしてリコの父は、2人の愛と決意を認めるのか?「LION」謎の男によって誘拐され、“No.17”と名付けられた獅子座の赤ちゃんは、秘密結社の倉庫に監禁されたまま成長した。人造人間テロリストとなって街に放たれる彼女は、ある使命を課せられていた。「クローンハート」謎の男・直樹と出会い、デートを重ねながら一抹の不安を抱えていたOLのみゆきは、友人のカウンセラー・ミホのアドバイスによって予想外の実態に気づく。さらにミホは、みゆきに衝撃的な言葉を伝える。「熱海の路地の子」“私”は熱海の路地裏ですれ違った“女”を尾行する。「Floating」10年前の不慮の事故で幼い娘を失い、セックスレスの日々を過ごしながら、壊れかけた関係を淡々と続けている夫婦。妻は若い男と不倫し、夫はそれに気づきながらも無関心だった。そんな2人が娘の命日の夜、ある決断を下す。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
東京想舎

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?