聖☆おにいさん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

聖☆おにいさん

2018年10月12日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「銀魂」シリーズの福田雄一が監督、山田孝之が製作総指揮として参加し、2009年手塚治虫文化賞短編賞を受賞した同名コメディ漫画を実写化。東京・立川にあるアパートでルームシェアリングしながら下界でのバカンスを楽しむブッダとイエスの日常を綴る。神の子・イエスを「聖の青春」の松山ケンイチが、目覚めた人・ブッダを「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」の染谷将太が演じる。動画配信サービス『ピッコマTV』にて配信のドラマを劇場でも上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

無事世紀末を越えた目覚めた人・ブッダと神の子・イエスは、東京の立川にあるアパートでルームシェアリングをしながら、下界でのバカンスを楽しんでいる。お金に細かいブッダとつい衝動買いしてしまうイエスが立川で送る日常を綴る。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
S・D・P

[c]中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会 [c]中村 光・講談社 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/10/22

    【賛否両論チェック】
    賛:イエスとブッダが繰り広げていくほのぼのすぎる日常と、宗教ネタが満載の小ネタのオンパレードに、思わず笑ってしまう。演者さんのほどほどのさじ加減もステキ(笑)。
    否:言ってしまうと、全てアパートの一室でダラダラするだけのお話なので、好みによっては非常に退屈してしまいそう。

     イエスとブッダが立川でルームシェアをするという、もうその発想だけでステキすぎる世界観な訳なんですが(笑)、そんな原作の雰囲気を見事に体現してしまう辺り、さすが福田雄一監督と、山田孝之製作総指揮です(笑)。宗教ネタを巧みに織り交ぜた小ネタの数々と、松山ケンイチさんと染谷将太さんの小気味良いかけ合いも秀逸で、笑いの毒がジワジワと効いてきます。
     原作と違うところといえば、基本的に全てアパートの一室で完結してしまう点でしょうか。なのでどうしても飽きが来てしまいやすく、ネタ的な部分も含めて、人によっては退屈してしまうかも知れません。
     気に入るかどうかは笑いのツボ次第なところはありますが(笑)、ひとまずコメディ好きには必見といえそうです。ちなみに個人的には、やはり佐藤二朗が最高でした!!(笑)

    違反報告
  • rikoriko2255

    momo841

    5.0
    2018/10/15

    やっぱり日本人は絶対的に無神論者が多いのだと思う。
    そこを上手く突いた設定…仏様とキリスト様を同居させるという発想がもうぶっ飛んでます。実際に仏様とキリスト様の事って何となくしか知らないんです。頭のぶつぶつは髪の毛で出来てるとか馬小屋で産まれたとか…文字の書かれた白Tも知ってないと解らない、ギリギリの所を突いてて知的探求心をゾワゾワさせる。
    そこに福田監督、製作の山田孝之とくればとんでもない化学変化を起こす訳で、面白く無い筈がない。演者の二人もとても巧いですが、もう企画した時点で勝利ですね。
    4コマ漫画を見てるように、短いエピソードが次から次へと!ホントに漫画を読んでいる様な感覚で、素晴らしい。
    是非シリーズ化して頂きたい!期待してます。そして漫画買いに行きます!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告