十二人の死にたい子どもたち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

十二人の死にたい子どもたち

2019年1月25日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら若手実力派たちが豪華共演するサスペンス。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年の男女が、予期せぬ出来事の連続に疲弊していく。映画、TVドラマ、舞台など多岐にわたる活躍で知られる堤幸彦監督が、人気作家・冲方丁の同名小説をスリリングに映画化した。

予告編・関連動画

十二人の死にたい子どもたち

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

安楽死を求め、12人の未成年たちが廃病院の密室に集まった。ところがそこには13人目のまだ生あたたかい死体があり、突然の出来事に12人は戸惑うばかり。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはずであり、もしかしたらこの中に殺人鬼がいるのではないかと疑心暗鬼になっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
118分

[c]2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    4.0
    2020/2/1

    シドニー・ルメットの名作を念頭においたミステリー&ヒューマニズム作品。
    脚本勝負の映画。
    十二人いると、どうしても、全員の背景を覚えきれないのが難点。
    だがともかく、ヘンリー・フォンダに相当する人物が、冒頭からいるので、話が暗くならないと想像がついた。
    設定ゆえ、存在感が薄くなったのは、お人形さんだった橋本環奈かな。
    逆にうざかったのは、杉咲花。型にはまりすぎ。黒島結菜はいつも通り。
    総じて女性陣は強硬派、男性陣は慎重論なのが興味深い。
    自分の存在は否定できても、他人まで否定できますか?が本作のテーマと思った。
    令和版ルメットになり得た作品。
    後味・・・言うとネタバレなのでここまで。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Rebel

    4.0
    2019/8/27

    集団安楽死を成し遂げるべく、12人の未成年が廃病院に集った。彼らの目の前に現れたのは、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」というルールの違反を示す、“13人目の生温かい死体”だった。やがて12人の死にたい理由が判明するとともに、同時進行で犯人探しが行われていく。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/2/9

    【賛否両論チェック】
    賛:序盤に起きた数々の謎が、次第に綺麗に明かされていく様が、ミステリーとして上質。それだけにとどまらず、「命の尊さ」を踏み込んで訴えかけていく内容も印象的。
    否:どうしても似たようなシーンが多く、見方によっては退屈してしまいそう。

     集団安楽死をしようとしていた少年少女達が、もう1人の遺体を発見し、その謎を追っていく本作。その真相が明らかになるにつれ、冒頭に起きていた数々の不可解な出来事が、綺麗に1つの線に繋がっていく様が、ミステリーとして見事です。
     そしてこの作品のもう1つの魅力は、決してミステリーに終始するだけではなく、「生まれてくることの意味」や「命の尊さ」といった本質的な部分を、踏み込んで訴えかけているところです。元々は様々な理由から「死にたい」と想い、集ったはずの彼ら。そんな彼らに、事件を通してどんな心境の変化が生じていくのか。その辺りの繊細な心の揺れ動きにも、思わず考えさせられるものが多いです。
     どうしても似たようなシーンが多くはなりますが、若手俳優陣が集結した本作を、是非チェックしてみて下さい。

    違反報告