タロウのバカ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タロウのバカ

2019年9月6日公開,119分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「日日是好日」の大森立嗣が監督・脚本を務めた青春ドラマ。戸籍がなく、学校に通ったことのない少年タロウには、エージとスギオという高校生の仲間がいる。3人は奔放な日々を過ごしていたが、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから現実と向き合うこととなる。出演は、本作が俳優デビューとなるYOSHI、「アルキメデスの大戦」の菅田将暉、「町田くんの世界」の太賀。

予告編・関連動画

タロウのバカ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戸籍がなく、一度も学校に通ったことのない少年タロウ(YOSHI)。タロウには名前もなかったが、エージ(菅田将暉)とスギオ(太賀)という高校生の仲間が“タロウ”と名付けた。エージとスギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、タロウといるときはなぜか心が解放されるのだった。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走る町を、3人はあてどなく走り回り、自由を感じながら奔放な日々を過ごしていた。しかし、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから、3人はそれまで目を背けていた現実に向き合うこととなる……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
119分

[c]2019 映画「タロウのバカ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みや

    5.0
    2021/4/9

    障害者が映画に出て演技するシーンは初めて見たし内容は少し怖かった。でも心につっかえた何かが自分の変化の部分だと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/9/11

    ホント、どうでも良い…タロウ、ホームレスのガキか思いきや一応寝床もあり、保護者なる人物もいた。
    小学校も行っていないのなら、幼児期間で受ける健診だって皆無だろう。よくまぁ、ここまで保健所云々をすり抜けて育ったものだ。脚本が甘すぎるのか?

    しかしどうしようもない者同士が集まるとホント、手の付けようがない。身体障碍者や精神障碍者も話に入れ込んでるがこういったやり方はズルい気がする。社会的弱者や厄介者がいるってことだけを放り投げ、別にこの映画の主ではないし、問題にしているわけでもない。
    …そうだな、この映画の装飾というか興味本位て感じで気分が悪い。女の子の歌声や彼らの叫び声が耳障りで仕方ない。
    そのどうしようもない中でも学生であるエージとスギオは時折まともな瞬間がある。エージがピザを食べている時タロウに銃の扱いを諭すとき、スギオが悪事に釘を刺すとき。
    それでも無駄に暴走してしまうんだが。
    アメリカのような銃社会ならともかく、日本ではあまりピンとこないな。騒動を起こしている割に周囲に人がいない。高速道路で車がバンバン通っているが誰も気づかないかねぇ。日本って案外そんなもん、実際。

    大作よりやはりこういったインディーズの方が光る菅田。太賀も1コマ1コマの演技が丁寧だったかな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2019/9/7

     大森立嗣監督の青春映画。

     今、乗りに乗ってる菅田将暉に加え、今作が映画デビューをなる16歳の「YOSHI」が主演と何かと話題にはなっているようです。

     確かに、現代社会が抱える様々な問題を織り交ぜながら、3人の少年がもがき苦しみながら、生きようとしている様が痛々しく描かれていました。しかし、映画として面白いか、面白くないかといえば微妙でした。

     きっと監督も「面白い映画」を作ったのではなくて、作りたかった映画を作ったのだと思います。

     ですので、この映画のどこかにハマれば感動するだろうし、そうでなければ、観ているうちはそれなりに観れても、観終わった瞬間に「それで・・・?」となる人もいると思います。

     私は、後者の方でした!

    違反報告