僕たちは希望という名の列車に乗った:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
僕たちは希望という名の列車に乗った
僕たちは希望という名の列車に乗った
3.4

僕たちは希望という名の列車に乗った

2019年5月17日公開、111分、社会派/青春
PG12
12
21
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ監督による、史実に基づく人間ドラマ。1956年、冷戦下の東ドイツ。ハンガリー動乱を知った高校生たちが行った黙祷が反逆行為として国家機関の目に留まり、政治的弾圧へと発展していく。事件の当事者となった19人の生徒のひとり、ディートリッヒ・ガルスカが自身の体験を記したノンフィクションを下地にしている。

配信で観る

ストーリー

冷戦が続く1956年。東ドイツのスターリンシュタット(現在のアイゼンヒュッテンシュタット)にある高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目にする。ソ連の支配に反発したハンガリー市民数千人が死亡したといわれ、テオとクルトは級友たちに呼びかけ、授業中に2分間の黙祷を行う。自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らのこの行為は純粋な哀悼であったが、ソ連の影響下にある東ドイツにおいて社会主義国家への反逆行為とみなされ、当局の調査が入り、人民教育相自ら生徒たちに一週間以内に首謀者を明かすよう宣告。大切な仲間を密告してエリート街道を進むか、信念を貫き進学を諦めて労働者として生きるか、生徒たちは人生を左右する大きな決断を迫られる。

予告編・関連動画

僕たちは希望という名の列車に乗った

予告編

2019/2/27(水)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

3.4 (4件のレビュー)

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
ドイツ
配給
アルバトロス・フィルム=クロックワークス
上映時間
111分
ジャンル
社会派青春

[c]2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk [c]キネマ旬報社