アマンダと僕|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アマンダと僕

2019年6月22日公開,107分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞したドラマ。突然の事故で姉を亡くした青年ダヴィッドは、身寄りのない姪アマンダの世話を引き受けることになる。消えない悲しみを抱えながらも、2人は次第に絆を芽生えさせてゆくが……。主演は本作でセザール賞主演男優賞候補となった注目の若手俳優ヴァンサン・ラコスト。アマンダ役のイゾール・ミュルトリエは、ミカエル・アース監督に見出され、本作でスクリーンデビュー。

予告編・関連動画

アマンダと僕

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、美しい女性レナ(ステイシー・マーティン)と出会い、恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたある日、突然の悲劇でダヴィッドの姉が死亡。悲しみに暮れるダヴィッドは、独りぼっちになってしまった姉の娘アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)の世話を引き受けることに……。親代わりとして接しようとするが、まだ若いダヴィッドには荷が重く、戸惑いを隠せない。アマンダも、母親を失ったことをなかなか受け入れられずにいた。互いに不器用で、その姿は見ていてもどかしく、しかし愛おしい。必死に逞しく生きようとするアマンダ。彼女と共に過ごすことで、次第に自分を取り戻していくダヴィッド。悲しみを抱えながらも、2人の間には少しずつ絆が芽生え始めるが……。

作品データ

原題
AMANDA
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
フランス
配給
ビターズ・エンド
上映時間
107分

[c]2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/19

    子供を育てた経験のありそうな年配の女性方なら、すごく はまる映画なんじゃないかと思います。
    あっちこっちで涙をぬぐう気配を感じられましたので。

    ただ、そのような境遇に無関係な人にとっては、淡々と、現代のパリにおける普通の小市民の生活を観察できるという程度の作品です。

    つまり、「映画の側が観客を選ぶ映画」とでもいうべき作品なのでしょうね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2019/7/15

     東京国際映画祭でグランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞した作品ということで、どれだけ練られた脚本で、突然の悲劇から再生し「家族なっていく」ドラマを描いているかと勝手に期待を膨らまして観に行きましたが、正直、期待外れでした。

     主人公の青年ダヴィッドと青年の姉(サンドリーヌ)の娘のアマンダが姉の死によって家族になっていく過程と大事な人の死を徐々に受け入れていく過程はとても良かったですが、ダヴィッドとサンドリーヌの親は離婚して、父親に育てられていることから、亡き父の妹や自分たちを捨てて出ていった母親などがストーリー絡んできて、途中から本質の集中力が途切れれてしまいました。おまけに、レナという恋人とのこともあり・・・

     もう少し、シンプルの方が私はよかったと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    枕の凹

    5.0
    2019/7/8

    エッフェル塔も観光名所も映らない普段のパリの日常がいい。登場人物一人一人の現実が、破綻なく身に迫ってくるのがいい。エリックロメール風の簡潔な演出と画面がいい。ぜひ見て欲しい映画です。次回作も期待。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/6/26

    予告編だと「仲のいい姉弟だったのに、事故で姉が死に、姉の娘を弟が引き取るかどうか悩み、だんだん家族になっていく」っていう、漫画『マイガール』みたいな展開かと思いきや!

    全然違った!
    ある事件で姉の命を失い、恋人のピアノ奏者も右腕の動きを失う。
    恋人は、悲しみとトラウマを抱え、怯えながら田舎に行ってしまう。

    主人公は姉の娘をどうこう出来る心の状態じゃなくて、悲しみと喪失感で、歩いていても仕事していても不意に泣き崩れてしまう。
    誰にも頼れない状況で、しかも育てる自信のない姉の娘を抱え、どう生きていけばいいのか?

    事件の遺族や被害者の家族らの、彷徨する魂は救済されるのか?というテーマの作品であった。
    重い。
    が、つまらないわけではない。
    生きていくことの意味を感じさせてくれる、すごい仕上がりでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/6/25

    ちょっと、gifted/ギフテッドを思い出した。アマンダは別に天才少女じゃないんだけど。
    ダヴィッドは頑張っているし好青年だけど、エリートじゃない。仕事は便利屋。それはぞれで良いんだけど、きっとテニスで挫折したからじゃないかと思うんだよね。
    サンドリーヌはそんな彼をもう一度やる気にさせたいと気に掛けていたんだよね。

    gifted/ギフテッドの叔父さんも天才な自分を捨てて生きていたからね。

    姉弟二人きり。母娘二人きり。二人にとってかけがえのない姉であり母親。あの失い方は辛い。そんな展開は予想出来ないので、衝撃だった。
    皆が呆然としているのが良く分かる。

    悲しみは小さくはならない。持ち運びやすくなるだけ。と言われた事が有る。凄く納得だった。そして、時々急に襲ってくることも有る。ふとしたきっかけで。
    その時々にちゃんと哀しみながら、立ち直って行く。それが丁寧に描かれていた。アマンダは、あのテニスプレイヤーを忘れられないだろうな‥

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告