おっさんのケーフェイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

おっさんのケーフェイ

2019年2月16日公開,71分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第13回CO2の助成企画として道頓堀プロレスの全面協力を得て完成した人間ドラマ。11歳のヒロトは将来の夢もなく、冴えない日々を過ごしていた。そんなある日、たまたま入ったプロレス会場で人気レスラーの引退試合を観戦し、今までにない興奮を覚える。フェイクドキュメンタリー「あの娘はサブカルチャーが好き」の谷口恒平による長編デビュー作。出演は、「菊とギロチン」の川瀬陽太、「いつまた、君と 何日君再来」の松田優佑。第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、第17回ニッポン・コネクションニッポンヴィジョンズ部門、カナザワ映画祭2017期待の新人監督部門、第18回TAMA NEW WAVEある視点部門上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪府道明市に暮らす11歳のヒロト(松田優佑)は将来の夢や夢中になれるものが何もなく、ダンスに打ち込むクラスメイトの輝男からバカにされている。放課後は冴えない友人たちとともに、河川敷で過ごすことが日課になっていた。彼らのいる対岸には、酔っ払いながらプロレスごっこをしている正体不明の中年・坂田(川瀬陽太)がいるのもいつものことだった。ある日の放課後、ヒロトはたまたま目についた道頓堀プロレスの試合会場にひとりで入っていく。人気レスラー・ダイナマイトウルフの引退試合を見たヒロトは、今まで感じたことのない興奮を覚える。その帰り道、ヒロトは中学生に絡まれるが、たまたま通りかかった坂田にプロレスの技で助けられる。坂田は手にマスクを持っており、ヒロトは坂田がダイナマイトウルフの正体だと考える。ヒロトは坂田からプロレスを教わることになったが、友人から「やられるって分かっててなんでロープで跳ね返るん?」と聞かれ、言い返すことができない。そんななか、ダイナマイトウルフの政界進出の噂が広まる。はたして、プロレスに真実はあるのか? そして、坂田の正体は……?

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
インターフィルム
上映時間
71分

[c]2017 HANAZONO CINEMA [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?