決算!忠臣蔵|MOVIE WALKER PRESS
MENU

決算!忠臣蔵

2019年11月22日公開,125分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元禄14(1701)年3月14日。江戸城・松の廊下。清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、賄賂まみれの吉良上野介の態度に腹を据えかね、斬りかかる。通常なら喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと内匠頭の即日切腹。突然、藩主を亡くし、お家断絶となった赤穂藩士たちは路頭に迷うことに。これはすなわち、江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということになる。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は嘆く間もなく、勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助。しかし、江戸の庶民は、赤穂浪士による吉良上野介への仇討を熱望していた。いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの空気感。それは現代も同じこと。ただ、そこで発覚した重大な事実。実は、討ち入りするにも、予算が必要だったのだ。その上限は9500万。討ち入るのか、討ち入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。とはいえ、世間の空気的に、仇討回避は許されない気配。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは予算内で、一大プロジェクト“仇討”を無事に決算することができるのか……!?

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
125分

[c]2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    らいらいきぃ

    4.0
    2021/6/3

    かなり前に見たので、話の詳細までは忘れてしまったが、面白かったのだけは覚えてる!

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/5/27

    面白かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2020/3/1

    【賛否両論チェック】
    賛:「お金」という観点で忠臣蔵を描いているのが、斬新で楽しい。豪華なキャストも魅力。
    否:討ち入りまでの物語なので、殺陣のシーン等はほとんどない。お金の話も多いため、興味がないと退屈してしまうかも。

     「忠臣蔵」が題材というと、どうしても似たようなお話が多い中で、本作は「お金」という今までになかった視点で描いている、斬新で面白い作品です。言われてみれば、確かにただ一言で「討ち入り」といっても、旅費や装備等、先立つものがないと実際には出来ないことですよね(笑)。
     そのため逆にいうと、忠臣蔵で期待してしまうような殺陣等のアクションシーンは、ほとんどありません。そしてお金関係の難しい話も結構あるので、人によっては退屈してしまうかも知れません。
     そんな好き嫌いは分かれそうな作品ですが、予算内での討ち入りを果たすために奔走する主人公達を、コメディタッチに描いたステキな作品ですので、気になった方は是非。

    違反報告
  • rikoriko2255

    あちょりーな

    5.0
    2020/2/11

    岡村さん最高でした

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/11/23

    企画は松竹で原作もの。
    要所要所は堤真一や荒川良々、板尾創路ら、役者がセリフを担っている。
    W主演の片割れ、岡村隆史は案外いい味と言い演技。
    だが、制作が吉本なので端役まで吉本芸人が起用され、ところどころ学芸会に。

    ぶっちゃけ、私個人としては、つまらなくて眠かった。
    討ち入りの戦闘シーンひとつなく。
    旅費だの食費だの浪士の長屋の家賃だの、現代の円に換算して、何がいくらかかり、いくら残るかが画面に表示される。
    それにより赤穂浪士たちがいかに金勘定出来ず、お取り潰し後の藩の財産(浅野内匠頭の遺産=未亡人・瑤泉院の金)を浪費してしまうというストーリー。
    節約万歳、浪費家はバカ、って揶揄してるので、関西では受けるかもしれませんが。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2019/11/23

    配役も素晴らしい。時代考証も抜群。演技もどれも素晴らしい。特に岡村さんのシリアス役は歴史に残る名演技だろう。
    しかし、何かが足りない。おそらく少なくない観客がそう感じるだろう。忠臣蔵なんだから。その部分が抜けているのは、諸事情や原作の意図に配慮してのことかもしれないが、できれば完全版を作って公開してほしい。

    違反報告