ニューヨークの顔役|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューヨークの顔役

1958年11月15日公開,92分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1920年から30年にかけての、アメリカの不況時代を舞台とするギャング映画。ハロルド・ロビンスの原作ベスト・セラーをロバート・スティーヴンスが監督した。脚色は原作者ロビンスと、「波止場」「欲望という名の電車」等で美術監督をしているリチャード・デイの共同。「殺し屋稼業」のリー・ガームスが撮影にあたり、レイモンド・スコットが音楽を担当している。主演するのは、新人ジョン・ドルー・バリモア、「左ききの拳銃」のリタ・ミラン。他にスティーヴ・マックィーン、R・G・アームストロング、ロバート・ブレイ等が出演。ローレンス・エロートレイモンド・スコット作詞・作曲の主題歌2つをドロシイー・コリンズが歌っている。製作ハロルド・ロビンスとリチャード・デイ。

予告編・関連動画

ニューヨークの顔役

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1911年のある日、ニューヨーク下町の安アパートで身重の旅の女が男の子を生み落として死んだ。カソリック孤児院にひきとられ、母の名をとってフランセス・ケーン(ジョン・ドルー・バリモア)と名づけられた男の子は、牧師バーナードのもとで成長し、やがて若者となった。孤独な彼にシルク・フェネリやケオーという、やくざ仲間がついた。しかし大学の法科学生でユダヤ人のマーティンや、彼の家の女中ジュリー(リタ・ミラン)が、フランク(フランセスの略称)の心の友だった。フランクが最初に競馬のノミ屋をやるケオーの仕事を手伝った日、商売仇の連中の襲撃でケオーが射殺され、重傷を負ったフェネリからフランクは莫大な札束をあずけられて逃れた。ジュリーに金をあずけて、フランクは孤児院に帰った。ところが、十数年前死んだ母の遺品の中からユダヤ教聖書が発見されたことから、バーナード牧師はカソリック教徒として育てた彼を宗教的立場上、立ち去るよう要求した。ジュリーにあずけた金の中から20ドルを借用し、フランクの放浪がはじまった。何年かが過ぎて、アメリカに不況時代がやってきた。作業員として働くフランクは負傷して施療病院に入り、そこで今は地方検事となったマーティンに会った。20ドルを彼から借りて、フェネリに義理をすませたフランクは、ジュリーがフェネリの情婦になっているのをそこで発見した。フェネリの配下としての彼の暗黒街での活躍が始まった。暗黒街のギャング団一掃を計った検察当局はマーティンを特別捜査主任として活動を始めた。腕を上げ、ジュリーを奪いかえしたフランクは、フェネリに対立する地下組織の頭目となった。そして、フェネリと対決して彼を殺し、自らも重傷を負って死んだ。数ヵ月後、バーナード牧師はジュリーの手紙を受けとった。ユダヤ人フランクを父として生まれる子供に、せめて父が拒み続けられた神の愛と理解を受けさせたいと、そこには記されてあった。

作品データ

原題
Never Love a Stranger
製作年
1957年
製作国
アメリカ
配給
映配=アライド・アーチスツ
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?