ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ
ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ
1.5

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

2019年4月19日公開、97分、ドキュメンタリー/アート
403
21
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1933~45年にナチスにより弾圧・略奪された美術品をめぐるドキュメンタリー。ピカソやゴッホなどの名作に退廃芸術の烙印を押す一方で古典主義的な作品を擁護し、ユダヤ人富裕層から美術品を没収した背景や、略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。監督は、ヴェネチア・ビエンナーレやイタリア国立21世紀美術館などのドキュメンタリーを手がけたクラウディオ・ポリ。「修道士は沈黙する」などに出演した俳優トニ・セルヴィッロが案内を務める。『怖い絵』シリーズを著した作家・ドイツ文学者の中野京子が字幕監修を担当。

配信で観る

ストーリー

ナチス・ドイツはピカソやゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの名作を退廃芸術と貶める一方、アーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。そして、青年時代に画家志望だったヒトラーは故郷に近いリンツに総統美術館を建設しようとし、ユダヤ人富裕層やユダヤ人美術収集家、ルーブル美術館から問答無用で憧れの名品や価値ある退廃美術の略奪を繰り返した。1933~45年にナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品は約60万点におよび、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。本作では、歴史家や美術研究家、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言をもとに、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。

予告編・関連動画

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

予告編

2019/1/22(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

1.5 (1件のレビュー)

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イタリア=フランス=ドイツ
配給
クロックワークス=アルバトロス・フィルム
上映時間
97分
ジャンル
ドキュメンタリーアート

[c]2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved [c]キネマ旬報社