薄暮|MOVIE WALKER PRESS
MENU

薄暮

2019年6月21日公開,52分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「私の優しくない先輩」の山本寛による東日本大震災・復興プロジェクト“東北三部作”最終章のアニメーション。震災で心に傷を負い、人にも恋にも無関心に生きていた福島県いわき市の女子高生・佐智は、震災でいわきに避難してきた男子高校生・祐介と出会う。声の出演は、「東京喰種 トーキョーグール」シリーズの桜田ひより、「映画 暗殺教室」シリーズの加藤清史郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

福島県いわき市の女子高校生・佐智(声:桜田ひより)は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で心に傷を負い、それ以来、友達や家族から距離を置きながら、人にも恋にも無関心に生きていた。佐智は幼いころからヴァイオリンを続けており、高校で音楽部に所属しながら、文化祭で四重奏を披露するため、日々練習に追われている。同じころ、震災で実家が帰宅困難地域となり、いわきに避難してきた男子高校生・祐介(加藤清史郎)は、当たり前の景色が失われてしまう現実を目の当たりにし、“美しい今”を絵画として残そうと描き始める。祐介は、展覧会に出品する夕景画を描くため田園地帯を訪れ、夕映えのなか、佐智と出会う。二人は心の交流を続け、やがて恋へと発展していく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
プレシディオ
上映時間
52分

[c]Yutaka Yamamoto/Project Twilight [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2019/7/31

    東北・いわきにいる少女を描き、震災から日常に戻りつつある現在を、郷愁に満ちた情景とともに表わそうとする意図はわかる……

    少女の細やかな心理状態を表現するなら、演出としての見せ方、それに比例した原動画の演技と動きが必要だと思うんですよね。
    作監&キャラデザインの近岡直さんも実力あるし、原画に平松禎史さんをはじめ、実力派が名を連ねているし、決して下手なわけじゃない。

    なのに、ガタつき感。
    全体的に、低予算、スケジュールが足りないで、間に合わせたような粗い印象。
    頰の赤みや涙など記号的表現に終始し。

    モノローグを多用しすぎてCDドラマっぽい心情説明セリフ過多も、私には苦手なタイプ。

    また、女の子の描き方が、男性から見た偏見を感じてしまい、うまく話に入りこめませんでした。
    生理のことを口にしたり、全裸で眠るシーンなどの必然性を感じず。

    結果、ストレートすぎてひねりなく、薄っぺらな「普通さ」「凡庸さ」に、必要なのかわからないサービスカット入り、ってな不自然さを感じてしまいました。

    クオリティとスケジュールを管理できる体制があれば、よい作品になった可能性が高く、「もったいない」って印象でしたね。

    監督は、原作総監督としてドーンと構えて、他に脚本演出をたてればよかったのになぁ、と思いました。
    特に脚本に女性が入れば、もっと質は上がったと思います。

    違反報告