サイダーのように言葉が湧き上がる|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サイダーのように言葉が湧き上がる

2021年7月22日公開,87分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テレビアニメ「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイ監督が、人付き合いが苦手な少年と見た目にコンプレックスを抱える少女の恋を描く青春ラブストーリー。歌舞伎界で活躍する八代目・市川染五郎が、映画初出演にして主人公の声を務める。また『メアリと魔女の花』の杉咲花がヒロインの声を演じるほか、『ぼくらの7日間戦争』の潘めぐみや、「鬼滅の刃」の花江夏樹らが参加。

映画館&アニメ業界スタッフからも熱い支持!『サイダーのように言葉が湧き上がる』特集

PR

しゅわしゅわ弾けるサイダーのように爽やかな本作。その魅力を、コラムや独占試写会のレビューで紹介!

予告編・関連動画

サイダーのように言葉が湧き上がる

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人とのコミュニケーションが苦手でいつもヘッドフォンを付けている俳句好きの少年チェリーと、矯正中の歯を隠すため常にマスクを着けている少女スマイル。郊外のショッピングモールで偶然出会った2人は、SNSを通じて少しずつ距離を縮めていく。ある時2人は、バイト先で出会った老人フジヤマが失くした思い出のレコードを一緒に探すことになるが、ある出来事を機に気持ちがすれ違っていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
87分

[c]2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    みとこ

    4.6
    1ヶ月前

    甘酸っぱ〜い青春ボーイミーツガール!
    チェリー君の成長と俳句の意味が最後号泣

    違反報告
  • rikoriko2255

    石井 肇

    4.5
    2ヶ月前

    田舎のイ○ンって、みんなが勝手に集まってしまうのです(田舎イ○ンあるある)、他に行くところが無いので( ^ω^)・・・。お話は、ボーイミーツガール的なお話し。減色したアニメが鈴木英人さんのイラスト風になっていて、お話にピッタリの夏風景。ちょっぴりハラハラドキドキもあって、この夏の素敵なアニメでした。あっ!レコードは素手で触らないでね!ちゃんと静電防止袋に入れましょう!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    skuraata2018

    4.0
    2021/7/25

    言葉は相手に伝えることで初めてその本領を発揮する
    夏らしい色彩・ビビットなカラーが印象的なアニメーション。二人が出会うまでのオープニングシーン、サイダーの泡が弾けたようなポップさとテンポの良さで爽快感たっぷり。
    頭の中にはサイダーのように言葉が湧き上がっているのにそれは伝えられずに空へ消えていく。「あぁ、言葉って相手に伝わってこそなんだな」と自分の心にもグサリときた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    5.0
    2021/7/24

    映画館で一人でみましたけどいい映画だったと思います。恋のシーンはどきどきしました、花火が綺麗でした。この日常が戻ってきたらいいなと思った限りです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    michelle

    5.0
    2021/7/23

    染五郎さん初挑戦とは思えないくらいのクオリティ。今しかできない役とのシンクロもあったのかと。刹那の妙。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゆりっち

    5.0
    2021/7/22

    ラストの花火大会あたりの話しの流れで、涙腺ポロリシーンに心が打たれました\(^o^)/最高です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    浜っこ

    3.5
    2021/7/22

    青 春

    この一言に尽きる作品

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2021/7/16

    コンプレックスを持った男女が出会い、俳句を通じて距離を縮めていく。
    なんだかほんわかして、かわいらしい映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2021/7/8

    1年間の公開延期、とても待ち遠しかったです。
    ここ数年のアニメ作品の中で一番好きだった「四月は君の嘘」の監督さんの劇場デビュー作で、本当に楽しみにしていました。
    カラフルで美しい作画と、テンポの良い展開で、気づけば、あっという間のエンディングでした。
    まさにサイダーのように爽やかな元気をいただけました。

    違反報告