ゲキ×シネ「修羅天魔 髑髏城の七人 Season極」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲキ×シネ「修羅天魔 髑髏城の七人 Season極」

2019年11月8日公開,186分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、おなじみのキャラクター、捨之介も蘭兵衛も登場しない新バージョンを“ゲキ×シネ”として映画館で上映。戦国時代、遊女を装う凄腕の狙撃手・極楽大夫は、関東髑髏党を率いる天魔王の暗殺を依頼されるが……。出演は「最高の人生の見つけ方」の天海祐希、「愛しのアイリーン」の福士誠治。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関東荒野に一人の美女、渡り遊女の極楽太夫(天海祐希)が現れる。だが実は、彼女はかつて織田信長に最も信用され、愛された凄腕の狙撃手だった。折しも関東では髑髏の仮面で素顔を隠した天魔王(古田新太)率いる関東髑髏党が難攻不落の髑髏城を築城。豊臣秀吉の天下統一を阻まんと、関東に覇を唱え、その勢力を広げていた。その髑髏党に追われる熊木衆の少女・沙霧(清水くるみ)を行きがかりで助けた極楽は、関八州荒武者隊の頭目である兵庫(福士誠治)の口利きで色里・無界に身を寄せる。宿場も兼ねた無界には、旅人やボロボロの着物をまとった貧相な百姓風の男・ぜん三(梶原善)など、街道を旅する様々な人々が出入りしていた。そんな里を盛り立てるのは、一番人気の若衆太夫・夢三郎(竜星涼)。この里で極楽と出会った牢人・狸穴二郎衛門(山本亨)は、天魔王暗殺を依頼。実は、二郎衛門の正体は徳川家康で、信長を通じて極楽とも親しい仲だったのだ。天魔王討伐のため、20万余の大軍を率いて進軍する秀吉。関東で大戦が起きる前に天魔王を倒そうという策に乗った極楽は、山奥にこもる鉄砲鍛治・贋鉄斎とその弟子カンテツ(三宅弘城)の元へ沙霧を向かわせる。極楽は彼らに、無敵の鎧を貫く鉄砲の製作を依頼していたのだ。だが、狙われていることを知った天魔王は、自ら極楽の前に姿を見せ、その仮面を取る。そこに現れた顔は、織田信長と瓜二つ。“貴様こそ信長公の仇”。極楽が銃口を向けたとき、天魔王は意外な真実を告げる。修羅の道を行く女と、天魔の世を作らんとする男。2人の奇しき縁の歯車が再び回り出す……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ヴィレッヂ=ティ・ジョイ
上映時間
186分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?