さくら|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さくら

2020年11月13日公開,119分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家である西加奈子の同名ベストセラー小説を、『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が映画化。ごく普通だった一つの家族と彼らの愛犬サクラが、残酷な運命に翻弄されながらもたくましく生きていく姿を描きだす。一家の長男を吉沢亮、次男を北村匠海、末っ子の妹を小松菜奈が演じ、寺島しのぶ、永瀬正敏が3兄弟妹の両親役として名を連ねる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

音信不通の父が2年ぶりに家に戻ることになり、長谷川家の次男、薫は年末に実家へと向かう。2年前、薫にとってヒーローのような存在だった兄の一が他界してから、家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだった。薫は、妹の誕生、愛犬サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋など、かけがえのない幸せだった日々を回想していく。そして迎えた大みそか、壊れかけの家族をつなぐ奇跡のような出来事が起きる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
119分

[c]西加奈子/小学館[c]2020 「さくら」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    sakura

    0.2
    25日前

    結局最後まで何を訴えたいのかよくわからなかった.....全く感動すらなく拍子抜けした
    期待しすぎたのかな...?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ソウルブラザーNO1

    2.0
    2020/11/20

    ワンちゃんのお話かと思ったら違いました。仔犬のさくらは可愛かった。寺島しのぶの大阪弁気持ち悪い。愛犬の前で自殺はやめて。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    2.5
    2020/11/16

    3人兄妹の末っ子の主人公が2人の兄や両親、愛犬さくらとの関わりを通して家族の在り方を問いかける。どんなに幸せそうな家庭にも様々な問題がある。失敗や挫折のない人生はない。「神様から悪送球が投げられた」なら、まともに受け止めず一旦、バッターボックスから出て冷静に自分を眺めれば良い。生きてさえいれば必ずチャンスは訪れる。主人公がラストシーンで語る言葉にはそんなメッセージが込められていた。とても家族(兄)への想いの深い作品であると感じた。

    違反報告