ベル・カント とらわれのアリア|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ベル・カント とらわれのアリア

2019年11月15日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカの一流メディアから絶賛を集め、Amazonのベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたアン・パチェットのベストセラー小説「ベル・カント」を、ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮ら日米の豪華キャスト共演で映画化。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件から着想を得て、テロリストと人質の予期せぬ交流を描く。監督は『アバウト・ア・ボーイ』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたポール・ワイツ。

予告編・関連動画

ベル・カント とらわれのアリア

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

実業家のホソカワが経営する会社の工場誘致を目論む主催者によって、ソプラノ歌手ロクサーヌ・コスのサロンコンサートが南米某国の副大統領邸で開催された。現地の名士や各国の大使も集まるそのパーティーに、通訳のゲンと共に訪れたホソカワは、自らが愛してやまないロクサーヌの歌声に耳を傾ける。だが、そこへテロリストたちが突如押し寄せ、邸宅を占拠。緊迫した空気が流れるなか、ロクサーヌの歌をきっかけに、テロリストと人質たちは心を通わせていく。

作品データ

原題
BEL CANTO
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
101分

[c]2017 BC Pictures LLC All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/11/17

    ジュリアン・ムーアと渡辺謙の共演に興味を惹かれ
    あまり内容を気にしないまま鑑賞しました。
    あのペルーの日本大使公邸占拠事件を元にした
    ベストセラー小説の映画化だったんですね。
    実際の事件とは違うところもあるんでしょうが
    テロリストと人質が交流していく様は
    気持ちをホッとさせるシーンもありました。
    でもそんな気持ちも吹っ飛んでしまう結末に
    切なく悲しくなりました。
    世界では日本では考えられない事件が現実に起こっていて
    そんな中で生きている人たちがいることを
    改めて感じさせてもらいました。
    ジュリアン・ムーアと渡辺謙の共演は
    期待していた以上に素晴らしいものでした。

    違反報告