メランコリック|MOVIE WALKER PRESS
MENU

メランコリック

2019年8月3日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞受賞作。一流大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた和彦は、たまたま訪れた銭湯で高校の同級生と出会い、そこで働くことになる。だがその銭湯は、閉店後に人を殺す場所として貸し出していた……。主人公・和彦を演じる俳優の皆川暢二の呼びかけにより、アメリカで映画制作を学んだ後、IT業界でサラリーマンをしていた田中征爾監督と、俳優の傍らタクティカル・アーツ・ディレクターとしても活躍する磯崎義知という3人の同級生(1987年生まれ)で立ち上げた映画製作ユニット One Goose(ワングース)による映画製作第一弾作品。

予告編・関連動画

メランコリック

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一流大学を卒業したものの、その後はアルバイトを転々とする生活を続けている鍋岡和彦(皆川暢二)は、ある夜たまたま訪れた銭湯「松の湯」で高校の同級生・副島百合(吉田芽吹)と出会う。それをきっかけに、和彦は松の湯で働くこととなるが、実はその銭湯が閉店後の深夜、人を殺す場所として貸し出されていることを知る。やがて、同僚の松本晃(磯崎義知)が、殺し屋であることが判明し……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
アップリンク=神宮前プロデュース=One Goose
上映時間
114分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ryookie

    4.3
    2019/8/29

    最近のアニメ原作や人気小説の映画化とは一線を画す独創性に脱帽。
    著名な役者はただのひとりも出て無いが、全員が愛おしく思えた。
    それはともかくなんと言うストーリー展開なんだろう!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/8/5

    実にユニークなブラック&サスペンス・コメディでした。
    若いスタッフが作った作品のようで、主演に至ってはプロデューサー自身っていう、『カメラを止めるな』のようなインディーズ感満載。

    まじめにとらえたら、一般人が強制されて初めて死体処理をしたその帰りに普通にご飯を食べたり、その手で彼女を抱いたりっていうのは、ありえないと思うのだが、だからこそ「これはコメディだ」という主張がにじみ出ていた気がしました。

    オチが爽やかなのが、かえって不気味で面白かったです。

    なんといっても、浦安市猫実に実在する銭湯をロケに使っていて、絵面がシュール。
    「人を焼いて沸かしたお湯」で、「気持ちいい、最高」って言うシーンが最高。
    聖地巡礼に、ひとっ風呂浴びに行きたくなりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    2019/7/26

    コメディ作品でした。風呂場での殺人が主なストーリーで、残酷なシーンが多々見られますが、上手く笑いを誘って楽しく可笑しくまとめた素晴らしい作品と感じました。

    違反報告