哲人王 李登輝対話編|MOVIE WALKER PRESS
MENU

哲人王 李登輝対話編

2019年6月21日公開,97分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ドラマやアニメーションを駆使し、女子大生との対話を通して台湾の民主化を実現した元総統・李登輝の人生に迫るドキュメンタリー。世界に絶望した女子大生・まりあが湖に身を投げて自殺しようとしたその時、彼女の意識が李登輝と同通。2人の対話が始まる。出演は「レミングレスの夏」の桃果、李登輝の声を演じるのは、「若おかみは小学生!」のてらそままさき。監督は台湾生まれの母を持つ園田映人(「尖閣ロック」)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

福島に住む大学生の山口まりあ(桃果)は絶望していた。リアルタイムで世界からもたらされる戦乱、貧困、混沌といった現代社会の病理に打ちのめされ、この世界で生きる気力を失ってしまったのだ。大学の授業やレポートで気を紛らわすことなど、できるはずもない。そしてまりあは、自宅近くの湖に身を投げて自殺しようとする。その刹那、彼女の意識は台湾の元総統・李登輝の意識と同通し、図らずもまりあと李登輝(声:てらそままさき)の対話が始まる。李登輝はまりあに、今まで知らなかった日本統治時代の台湾のことや、李登輝自身の少年時代の高度な教育環境について語り始める。戸惑いながらも、その言葉に耳を傾け、今まで関心のなかった自分の国の素晴らしい一面に想いを巡らせるまりあ。李登輝は、日本兵として戦った先の大戦や、その後の台湾における白色テロなどの恐怖政治について語ると同時に、密かに格闘を続けた哲学的な問題や信仰についても赤裸々に打ち明けるが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
レイシェルスタジオ
上映時間
97分

[c]2018 哲人王製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2019/6/27

    文字通り、高潔な人格者の人生を語る作品だ。李登輝元総統はとても立派な人なんだと思った。しかし、実存的な苦悩を抱える若い女性との対話という形式で物語が進むので、少しばかり気恥ずかしい感じがする。

    違反報告