家族を想うとき|MOVIE WALKER PRESS
MENU

家族を想うとき

2019年12月13日公開,100分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「わたしは、ダニエル・ブレイク」のケン・ローチ監督が引退宣言を撤回し、時代の波に翻弄される家族の絆を描いた人間ドラマ。マイホームを建てるため父はフランチャイズの宅配ドライバーになるが、過酷な労働条件に振り回され、家族との時間を奪われていく。労働時間を定めずに締結される労働契約、いわゆるゼロ時間契約について取り上げている。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

予告編・関連動画

家族を想うとき

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス・ニューカッスルに住むリッキー(クリス・ヒッチェン)とアビー(デビー・ハニーウッド)夫妻の一家。マイホーム購入の夢を叶えるためにリッキーはフランチャイズの宅配ドライバーとして独立し、アビーはパートタイムで介護福祉士の仕事をしている。個人事業主とは名ばかりで、理不尽なシステムによる過酷な労働条件に振り回されながらも働き続けるリッキー。一方アビーも時間外まで一日中働いている。家族のために身を粉にして働くリッキーを、アビーや子供たちは少しでも支えようとし、互いを思いやり懸命に生きる家族4人。しかし仕事により家族との時間が奪われていき、高校生の長男セブ(リス・ストーン)と小学生の娘ライザ・ジェーン(ケイティ・プロクター)は寂しさを募らせていった。そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれる……。

作品データ

原題
SORRY WE MISSED YOU
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=フランス=ベルギー
配給
ロングライド
上映時間
100分

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/12/29

    欧州でも日本企業のような劣悪な環境があるのだな。リッキーは移民ではなく、Britishであり、3K的な仕事は移民任せのこの国は、それをするくらいなら永遠と待たされる生活保護を取るというステレオタイプのBritishではない。彼のプライド、どう考えても理に合っていないフランチャイズに賭けるのか…

    高い送料を取る所かは定かではない。通常の運送業にしか見えないが、時間に厳しい?それはどうかなぁ。英国は配達指定なんてあってないようなものだった気がしてならない。客が待つ、待たされる的な。
    マージンを吸い取る上だけがおいしい思いをする。保険もないし賠償金も自身だなんて。休みなく働き続けても何も変わらないだろう。
    それでも選択の余地はなく体ボロボロ、メンタルも滅入って働かなくては…もう「生きる」ってことの意味がわからない。

    家族崩壊になりそうになったこの家族、なんとか絆が切れなかった。子供は基本、いい子だし、奥さんも言う時は言う、肝が据わっている。どうか壊さないで。贅沢は言っていない。それなのに国を変えなくては現状のままだ。上の者が全くこんな経験していないから、考えることもない。

    格差社会、どこもかしこも差だけが広がる。K.ローチ、まっすぐに捉えている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/12/24

    なんかもう、日本にもこんなこと起きているよね。
    怪我しても、家族に不幸があっても、「配達優先」「休んだら代わりの運送人を手配するのが義務」という契約。
    安価で件数と時間指定のうるさい配達。
    下請叩き、人命の消費という「ぬかるみ」「泥沼」にはまった、貧乏にあえぐ責任感の強い父親によって、一生懸命ゆえに家庭が崩壊していく姿を見事に描いていました。

    ラストシーンは、あまりの救いのなさに、胸を締め付けられました。
    つらい。
    が、映画としては上手い。
    感情をどうもっていくか、実に悩ましい作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    4.0
    2019/12/22

    救いのない映画でした。
    でも、人間関係に齟齬を生じてしまった人は、自分を許すために、相手を許すためにご覧になってください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/12/18

    Ken Loach監督の社会派映画好きです。
    抜け出せない負の連鎖で、甘んじて貧困生活を送る一家。

    それぞれは優しいんだけど、思い通りに行かなくて、イラついている。
    泣きたいくらいに。
    その感じが、凄く上手い。
    大人だから大人目線で見てしまうから、長男の態度にイラつくし、幼い判断力に呆れたりもする。
    でも、凄く愛おしくも感じる。

    最悪な状況ではない。
    お互いを思う気持ちが有って、家族関係を良くしたくて、仕事が有って、真面目に働く気が有って。

    それぞれが家族を想っているのに、だからこそ抜け出せない。

    もうこれ以上、悪い事が彼らにおきませんように・・と思わずにはいられないラスト。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告